2017年03月03日

さらなる進化を

三浦知良選手。

不断の努力を重ね、50歳の今になっても、プロ選手としてピッチに立ちます。







 元々は、ウイングの選手としてブラジルで活躍していました。

タッチライン際でボールを受け、サイドバックと対峙する。

1対1という局面を制して、クロスを上げる。

そこで、得意のまたぎフェイント「ペダラーダ」を磨き上げました。

サイドをえぐって、そのままゴールへ。

中央にスプリントして、逆サイドのボールに合わせる。

ゴールはもちろん目指していましたが、主戦場はタッチライン際でした。








 日本に帰って、数年は、ドリブラー、チャンスメーカーとして輝いていたのでは。

徐々に、得点感覚を研ぎ澄まし、大事な時にゴールを奪うストライカーに変身していきました。

大舞台では、チームが窮地の時には、カズのゴールが救ってくれる。

90年台は、誰もが思っていたのではないでしょうか。

文章にするのはたやすいのですが、プレースタイルを変更するのは難しいことです。

それは、自分が認められた歴史そのものを変えることを意味します。

勇気と努力と、勉強する心。








 そのカズ選手にも、欠点があります。

それは、ランニングスピード。

ランニングフォームそのものに欠点があるのです。

走るときに力を入れすぎている。

脚が後ろに流れて、地面をかくように走っている。

自分の発揮した力が、前に進む力に、上手く変換できていない走り方。

足が速くないことは、本人も自覚しています。

ただし、あまり、足が速くない印象は持たれていないはずです。









 オフト監督時代のインタビューでは、このように答えていました。

「代表チームのメンバーを、監督がランニングスピードでグループ分けした時、

 オフト監督は、俺を足が一番速いグループに入れた。」

本当は速くないのに、速く見せれた!と得意げに話していました。

ドリブルでのスピードや、一瞬のキレに惑わされたのでしょうか。

オフト監督は、カズ選手を足が速いグループに入れてしまった。

実際にタイムを取ると、遅いグループだったはずです。







 


 さらにそこから、カズ選手は進化を続けています。

今年のシーズン前のキャンプ。

いつも、テレビで紹介されているので、楽しみに見ていました。

すると、ある変化に気づきました。

それは、ダッシュをする時のフォーム。

体の軸は安定し、左右のブレが少ない。

そして、スムーズに体重移動を繰り返している。

後ろの足の膝が、スムーズに前の膝を追い越している。

足は後ろに流れずに、前に前に、進んでいるのです。

ランニングフォームを矯正しています。

ただ、試合になると、まだ、今までの癖が抜けきらないようにも見えました。






 



 50歳になっても、さらなる進化を目指している。

全てのフットボールプレーヤーが、見習うべき姿ではないでしょうか。

一緒に時間を過ごしているチームメイトは、幸せですね。

最高のお手本が、常にそばにいるのですから。

クラブが彼と契約を続けている理由の一つは、ここにあるでしょう。
posted by プロコーチ at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする