2013年11月17日

半端ないが、忠実なゴール

 オランダとの親善試合で、見事な日本代表のゴールが2つも決まりました。

一つは、本田選手のゴール。

素晴らしいコンビネーションでした。

パス&ムーブの繰り返しに、少ないタッチでのパス交換。

日本人なら、誰もが大好きな形ではないでしょうか。

初めて、オランダに負けなかった試合として記憶されるでしょう。









 それよりも価値があったと私が考えるのが、大迫選手のゴールでした。

前半残り数分。

0対2でリードされる展開。

ロッベンにスーパーなシュートを決められ、暗い雰囲気になりかねない。

オランダは、少しペースを落として、2点のアドバンテージをそのまま後半に持ち込みたい。

後ろでゆったりと組み立てようとする意図が見られます。

縦パスを狙わず、ボールを進ませずにポゼッションをしていました。

このまま、2点のビハインドを持ったまま後半に入ると、敗色濃厚です。

そこで追い上げを図るゴールを決めたのですから、1点以上の価値がありました。

半端ないと言われる彼ですが、抜群の仕事をしてくれました。










・オフ、ザ、ボールの動き

大迫選手は、縦パスを受けるためのポジションを常に探しています。

DFを背負ったところから、クッと方向を変え、下がってきて足元に。

DFとDFとの間で半身になり、マークの責任を曖昧にさせておいて、背後を狙う。

自分勝手に動くのではなく、ボールの動きを予測しながら、タイミングを作っている。

周りの選手は、彼の動きが、おそらく目に入りやすいのではないでしょうか。

得点シーンもそうでした。

長谷部選手がが前を向くまでは、半身でサイドステップを踏んでいました。

ゴール方向を意識した体の向きを作っているのが、まず一つ素晴らしい点です。

ボールがどっちに流れても、(ターンして前を向く、後ろに落とす)対応可能にするためでしょう。




 長谷部選手が前を向いた瞬間、ステップを変化させます。

サイドステップから、クロスステップへの変化です。

これはボールから離れるように、プルアウェイの動きを入れるためです。

スピードを上げながらも、オフサイドにならないように。

マークされていた相手DFの視界からも逃げるために。

そして、ゴールも見ながら、ボールを持った長谷部選手とが同時に見えるように。





 さらに、彼は、そのランニングの途中で、コースを微妙に変化させています。

一度膨らみながら、プルアウェイ。

ところが、そのまま走っていくと、詰まってしまう。

当初思ったパスのタイミング、パスを受ける場所では、受けれないと判断した。

その次の瞬間、もう一度、キュッと膨らみ直しました。

瞬時に計算したのです。

相手との距離、長谷部選手のドリブルの持ち方、背後のスペースを計算材料に入れました。

そして自分がボールを受け、シュートに打つための最高の間合いを作りたかったのです。











・シュートの技術

いいオフの動きのおかげで、最高のタイミング、最高の場所でボールを受けようとする大迫選手。

と言っても、自分の右手側と背後からはDFが迫って来る。

目の前にはGKが待ち構えている。

ボールを止める余裕はありません。

彼は、迷わずワンタッチシュートを選択しました。

この時の技術が、まさに教科書に載せたいようなシュートなのです。




 まずは、体の向き。

体をゴールに向けていません。(正対していないという意味です)

ボールとニアポストとの間に体が向いています。

これ以上、ゴール側に向け、開いてしまうと、シュートは左(ファー側)に切れていきます。

某テレビ番組ボレーシュート勝負のコーナーがありました。

そこで、木村和司さんが自チームの選手に指摘していました。

「そのボレーのフォームじゃ入らんよ、体が開いてしまっとる」

案の定、シュートは枠にすら飛びませんでした。




 そして、足の振りです。

体を閉じたまま、キックする面も同じ方向に向けておく。

そのままゴールに向かって足を振っていくのです。

インパクトの瞬間、蹴り足の膝がボールの後ろにあると、ボールをふかしてしまう。

彼は、軽く飛んでまで、膝をボールの上にかぶせようとしています。











・絶対に抑えたシュートを打ちたい

彼は、ジャンプしてまで、膝をかぶせています。

さらに、左腕の使い方もポイントでした。

たった10Mのシュートですが、左腕を大きく使っています。

これは、ボールに勢いを与えるためではなく、ボールをふかさないためでしょう。

まずは、左腕を振り上げボールを迎え入れます。

そしてインパクトに向かって、腕を下に振り下ろして行っています。

この動きを入れると、足の振りに上体が負けないのです。

いくら膝をかぶせようとしても、胸が空を向いてしまっては、ボールは上に飛びやすくなります。

広げた左腕を下に振り下ろすことで、上体をコントロールしているのです。

彼が、絶対にボールをふかしたくない!その気持ちが現れています。










 今回の大迫のゴールは、彼の偶然のヒラメキに任せたゴールではありません。

彼の努力の結晶で生まれたゴールです。

磨き上げられた、個人戦術の能力。

ゴール方向に、抑えの利いたボールを飛ばすための技術。

このゴールを見れば、彼が基本に忠実にプレーしている選手であることがよく分かります。

その基本を簡単に身につくものではありません。

身につけるために、単純でつまらないトレーニングを積み重ねたことでしょう。

私は、彼の高校選手権で、圧倒的な存在感を目にしました。

パワー、スピード、ボールコントロール、そして強引にでも決めきる力。

全てにおいて、高校生のレベルではありませんでした。

あれから、5年が経ったのでしょうか。

所属クラブで、いい時間を過ごしていることが、よく分かります。

彼のような選手を見ると、日本の環境も捨てたものではないですよね。
posted by プロコーチ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック