2013年11月24日

今シーズンの最終戦

 所属する社会人1部リーグも今年の最終節になりました。

優勝も関係なく、降格争いも関係ない。

現在、3位〜6位争いをする団子状態の中にいます。

緊張感が無かったのか、土曜日開催がまずかったのか。

11人ピッタリでの試合になりました。

一方対戦相手は、勝てば優勝の可能性もある2位のチーム。

応援も多く、試合前からやたらとテンションの高いチームでした。









 始まってみると、予想通り、対戦相手は積極的に試合を運んできます。

我々は、まずはミスなく試合を開始しようと話し合っていました。

河川敷グラウンドでの試合、テンションの高い対戦相手。

下手にミスをすると、大怪我をしてしまう。

皆で確認し合って、試合に臨みました。

我々は、つなぐところはつなぎ、クリアするべきは外にクリア。

その判断を間違えたときは、声をかけて確認し合いながら、試合を進めたつもりでした。









 10年に1度のレベル、考えられないミスをしてしまったのです。

本当にひどい、残念極まりないミス。

右サイドバックがボールを持って孤立。

右のセンターバックが自陣深い位置でサポートに付いて、ボールを受ける。

左のセンターバックである私は、一応ボールを受けれる位置に入る。

すると、右センターバックの仲間が、横パスを私につないできました。

相手FWが私に向かって、猛然とプレッシャーをかけて来ます。

ワントラップで外せるかな?甘い考えで、相手を外そうとしました。

そのボールタッチが相手に引っかかり、しかも相手の目の前にボールがこぼれます。

私は置き去りにされ、GKと1対1。

綺麗に決められてしまい、先取点を与えてしまったのです。

痛恨・・・。









 なぜ、ディフェンディングサードで、リスキーなプレーをしてしまったのか?

ピッチコンディションが悪い、相手が前掛かりになっている。

予め、リスキーなプレーを回避しようね、と話し合っていたにも関わらず。

あり得ない失点でした。

それでも、私は良い仲間に救われました。

「切り替えろ」「取り返そうぜ」

周りから、どんどん声がかかります。

キャプテンの私が凹んでいては、チームの士気に関わると思ったと、試合後に言われました。

幾らかは自分が支えていると思っていたチームでしたが、自分が支えてもらっていたのですね。










 試合は、後半に1点を奪われ、0対2。

こちらは、ドンドン消耗が進み、相手は選手が入れ替わり、リフレッシュ。

完全に足が止まる、寸前でした。

試合終了5分前。

最後の力を振り絞り戦っていると、こちらの流れになりました。

相手陣地深くに攻め入り、こぼれ球を拾い、波状攻撃を続けます。

何本かFKをもらいます。
(相手チームは競り合いで腕・手を不正使用を続けホールディングだけで7・8回は反則を繰り返しました)

そして、ボックスの右角で、FKをもらいました。

「行ってきたら?!」

上がりたくてウズウズした気持ちを察してくれたのか、仲間が声をかけてくれました。










 わざと、オフサイドポジションぎりぎり、オフサイドポジション辺りにポジションを取りました。

相手のマークを、少しでも緩くするためです。

ファーサイドで、フラフラと、キックの瞬間を見計らいます。

体を近くに合わせられると、背の低い私は、競り勝つ可能性がなくなってしまう。

このポジションから、キックのタイミングに合わせて、NOTオフサイドの位置に戻ります。

右サイドから、GKとDFラインの間に、絶妙なクロスが上がってきます。

後ろにバックステップを踏みながら、落下地点に入りました。

さらにのけ反り、肩を入れた半身の体勢から、ジャンプ。

ボールはほとんど見えていませんでしたが、タイミングを信じて、ボールに合わせに行きました。

会心の感触が、こめかみのやや上、オデコよりの部分にありました。

ボールを折り返すように反対サイドのゴールに飛んでいきます!

地面に落ちながらもボールの行方を、目で追いかけます。

GKの手は届かず、ゴールに吸い込まれて行きました!!

人生3〜4回目のヘディングシュートが決まりました。

我ながら、会心のゴールでした。

何より嬉しかったのは、仲間の言葉です。

「さっきのを取り返したな。」

「まだ行けるぞ。」

集団スポーツであるフットボールを真剣に取り組んでいて、最高の瞬間の一つでした。











 残念ながら試合はそのまま終了。

1対2で敗戦。

今シーズンは終戦となりました。

人数が少なかったり、大敗したり。

様々な苦労がありましたが、終わってみれば、何でもないことでした。

素晴らしい仲間と共に、1年を戦えることが出来た。

そして来年も、1部リーグで戦うことが出来る。

コンディションを整え、対戦相手を迎え撃つ。

若くて、活きのいい相手を勝負するのは大変です。

フットボールの原則を守らないと、痛い目を見てしまい、仲間に迷惑をかけてしまう。

その緊張感は、遊びの試合では得られない。

来年のことを考えて、顔が自然とニヤけてくるのは、病気でしょうか。
posted by プロコーチ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381245457
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック