2014年03月23日

新たな課題

 社会人のリーグ戦、第2節がありました。

1部から上がってきたチームが対戦相手。

2部での戦績を見ると、得点力もある様子です。

「最初から勢いよく来るはずだから、飲まれないように」

ミーティングで伝えました。








 予想通り、相手はホイッスルが鳴ると同時に、前掛かりに試合を進めようとします。

ボールを積極的に前に運ぶ。

守備になったら、ラインを高く設定し、私がいるCBの位置までプレッシャーをかけてくる。

お互いに声を掛け合って、積極的な雰囲気。

開始、2分ほどで、CKを与えてしまいました。

そして、クリアミスを押し込まれ、早々の失点。

その後は、徐々に相手を押し込んでゲームを進めました。

ところが、決定的なシュートを何度も外してしまう。

相手GKの好守にも阻まれ、同点にすることができない。








 ズルズルと時間が経過し、さらにリスクを背負って、前に出ました。

カウンターから危ないシーンを作られてしまいますが、こちらのチャンスも増える。

前半から飛ばしていた相手の足が止まって来たので、行けるかな?!

ところが、残り数分で直接FKを決められ、0-2。

アディショナルタイムで1点を返しますが、そこまで。

1-2で敗れてしまいました。







 正直、対戦相手の技術レベルは高くありませんでした。

ボールを持てる選手が2人いましたが、攻撃も読みやすい。

守備もコンパクトにしようとしていましたが、スライドが遅いので、サイドは何度も崩せました。

足が止まり、1部のプレッシャーにも慣れていない様子。

それでも、最後の最後で、踏みとどまっていた。

彼らの良いところは、チームとして共通の価値を持っていたこと。

それを徹底しようと、声を掛け合っていたことでしょうか。

最後まで、粘り強く、戦っていた好チームでした。








 我々の反省点は、試合の準備でした。

私が仕事の都合で、指導の現場からグラウンドに駆けつけたのが、キックオフ20分前。

GKは、大渋滞にハマり、キックオフ5分前。

慌ただしく準備したためか、ふわふわとした雰囲気で試合を始めてしまった。

先取点与えたきっかけのCKは、私のキックミスで与えてしまったものでした。

当たり前のことですが、準備は大切ですね。









 収穫もありました。

普段、ボールを蹴ってしまいがちな、DFライン。

つなごう!ケンカになりそうなぐらい強い声をかけるシーンすらありました。

ボランチも積極的に顔を出してくれたので、パスの入口も増えました。

そのおかげでポゼッション率が高まりました。

後半に相手の足が止まってきたのは、その成果と言えるでしょう。








 自分の課題も2つ。

1つは、試合の準備をいかにするのか?

チームのマネージメントの部分。

もう1つは、ボールの置き位置。

これが改善できれば、プレーを変えることが出来る?!かもしれません。
posted by プロコーチ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック