2014年08月14日

社会人リーグ第7節

 所属する、社会人1部リーグの第6節。

台風が接近する中、何とか開催されました。

今回は、GKも参戦してくれ、フィールドでプレーできそう。

ロングパイルの人工芝が会場。

対戦相手は、首位を走る強豪!

気持ちを高めて、試合に臨もうとしていましたが・・・。







 残念ながら、気持ちよく試合をする環境ではありませんでした。

まさかの台風が日本列島に上陸。

風雨が強まるなかでの試合になってしまいました。

しかも、キックオフ寸前に目を開けるのが難しいくらいの豪雨。

台風接近による、強風。

普段はハーフウェーラインを越えていくゴールキックが、飛ばない飛ばない。

この悪い環境は、両チーム変わらない。

風雨と試合するのではなく、目の前の相手と戦おう。








 試合は、0対2(前半0対0)で惜敗でした。

圧倒的な攻撃力がウリの対戦相手。

5試合を終えて、得失点はプラス20!!

目標は、ロースコアの試合展開に持ち込むこと。

クローズな試合で時間を進め、セットプレーとカウンターに勝機をかけようでした。

後半残り15分くらいまでは、狙った通りの展開。

ところが、ゴール正面20〜25M位の位置でFKを与えてしまう。

それが直接決められ、先制点を許してしまう。

チャンピオンチームが、あんなに喜んでいる姿は、初めて見ました。

それだけ、相手にとってもしんどい試合だったのでしょう。

その後、攻めに出て、薄くなっていたバイタルエリアからのミドルを決められ、万事休す。

善戦はしましたが、勝ち点を積み上げることはできませんでした。










 試合後、GKを含めたDF陣で、少し話をしました。

壁の作り方が、納得いっていなかったので、すり合わせをしたかったのです。

先取点を奪われた失点シーン。

私は、5枚から6枚の壁を配置させたかったのですが、GKからの指示は「3枚」

GK曰く「視野を残したいから、少ない枚数で守りたい」

その結果、キックの瞬間、ボールの飛び出しの軌道は見えた。

が、その代償として、ポジションがセンター寄りになってしまった。

シュートも素晴らしく、ピッチがスリッピーだったのを活用されたのだが、

それでも、壁を6枚並べ、GKのポジションを修正できていれば、違ったかも。

GKとDFの話し合いは、有益なものになりました。

次回以降、ここで得た解決策が、我々の力になってくれるはずです。

ボールを蹴るだけが、チーム力を高めてくれるわけではない。

OFFの場でのミーティングも、その力を持っている。

コミュニケーションの必要性に気付かされた試合でした。









 

 今回の試合は、敗れたものの、選手にとっては自信にもなったようです。

もちろん私も。

チャンピオンチームをギリギリまで抑えることができたことは自信になりました。

チームも個人としても、まだ行ける!保証をもらった気がしました。

7試合を終え、2勝3敗2分けで勝ち点は8。

残り3試合でいくつ勝ち点を積み上げれるか?

同時に、チーム力を高め、お互いの信頼も高めていきたい。
posted by プロコーチ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403740403
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック