2014年09月19日

フラットなピッチでプレーをする

 先日、某競技場を利用するチャンスに恵まれました。

全国レベルの天然芝の競技場です。

私のスクールで、ゲームを開催しました。

芝の状態は素晴らしく、天候にも恵まれました。

参加くださった受講生皆さん、楽しそうにプレーをしていました。









 フラットなピッチは、いいですね。

イレギュラーバウンドが少ないので、ボールコントロールのストレスが少ない。

多少、バウンドが伸びる瞬間はあるものの、横にズレることは皆無。

芝の感覚に、W-UPを含めて慣れさえすれば、問題にならない。

ファーストタッチが、ビシ、ビシッと決まります。

普段なら少し大きいかな?!と思うタッチでも、芝が勢いを吸収してくれます。

そして、自然とサッと顔が上がる。









 すると、試合の展開が変わっていきますよね。

パスが、つながる。

1本、2本、3本、、、、。

ガチャガチャと忙しく慌ただしい展開にはなりません。

ボールをコントロール出来ているので、キックミス、タッチミスが減る。

顔が上がっているので、仲間とタイミングを合わせやすい。

整備され、フラットな天然芝の効果が、明らかに出ていました。

一瞬にしてレベルアップしたかのよう。









 このことは、何を教えてくれているのでしょうか?

ファーストタッチの重要性ではないでしょうか。

ボールを一発でコントロールできれば、相手は近づきづらい。

ボールを一発で思ったようにコントロールできれば、顔が上がる。

そして、ボールを止めるためにボールを見る時間が減らすことができれば、プレーが変わる。

周りを見る、仲間と目で会話できる時間が増える。









 整備された美しい天然芝は、ファーストタッチの苦労から解放してくれました。

ボコボコの土でプレーをすると、ボールコントロールの難易度が高まってしまう。

それでも、自然と共にプレーするのが、フットボールというスポーツ。

ボールコントロールの能力を高め、どんなピッチでも対応したい。

誰もが一発で、素早く、思ったようにボールをコントロールできれば、チームが変わります。

選手も、コーチも、ここにこだわりを持つべき。

今回の試合で、それを教えてもらいました。
posted by プロコーチ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405695516
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック