2014年10月08日

社会人リーグ最終節(第10節)

 今年のリーグ最終節でした。

結果は、1対3(前半0対2)で敗れてしまいました。

私自身の指揮官としても、プレーヤーとしてもミスを犯してしまった。







 台風が迫っている中での、開催。

高品質の人工芝ですが、半分以上水たまりとなってしまった。

それなのに、中盤を経由するパス回しを、一つの攻撃方法として狙わせた。

勝率を高めるだけなら、スペース目掛けて蹴り飛ばして、こぼれ球を狙う方が高かったはず。

中盤でのパスがつながったはずが、水たまりでボールが止まってしまう。

うーん、割り切った方が良かったのでしょうね、おそらく。

対戦相手は、完全に割り切って蹴飛ばしてきました。








 プレーヤーとしては、重馬場でのプレー。

走ることは出来る。

方向を変えることも出来る。

ただし、ボールを蹴れない。

特に、一つステップしてから(切り返して、もしくはターンしてから)キックしようとすると、、。

雨のサンドニで、ジダンを始めとするフランス代表が、軽々とプレーしていた。

何ともうらやましい。

まずは、取り替えのスパイクでも買うべきなのでしょうか。









 10試合を戦い、3勝4敗2分け。

勝ち点11でフィニッシュです。

おそらく、11チーム中6〜7位くらいでしょうか。

来年も1部で戦うことが出来そうです。

厳しい戦いを、プレーヤーとして経験し続けること。

真剣勝負をする場に立ち続けること。

このことは、必ずコーチとしての気付きにもなってくれるはず。

もうしばらく、この戦いを続けて行きたい。
posted by プロコーチ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406905565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック