2014年11月07日

2つのNGワード

 人の前に立って話をする。

目の前の選手たちを、より良い方向に導く。

私たちコーチにとって武器はなんでしょうか?

ちなみに、最大の武器は、コーチが発するオーラではないかと考えています。

こればかりは、すぐに醸し出せるものではないので、長年にわたり積み重ねるしかありません。











 やはり、磨くべき武器は言葉でしょうか。

どのタイミングで、言葉を発するのか。

声の大きさ、抑揚はどうだろう。

言語レベルは通じるものか、簡単すぎないか。

何よりも、どの言葉を選ぶのか?!

クイック、シンプル、トゥーザポイントを目標に。

これ!グサッ!と、胸に刺さり、脳に刻まれる言葉。






 言葉のチョイスですが、選ばないように努力しているフレーズもあります。

その理由は、この言葉を聞いた選手が止まってしまう。

思考も、行動も止まってしまうのです。

「なんで、出来ないの?」

「〜〜するな!」

この2つの言葉は、ほかの言葉に言い換えて使うようにしています。










 「〜〜するな!」

あれも、してはならない。

これも、してはならない。

禁止事項が増えていくと、選手は身動きが取れなくなってしまう。

コーチに大声を出されるのを恐れて、安全第一のプレーを選択する選手。

ボールを奪われるのを恐れ、蹴っ飛ばしてしまう。

スコーンと抜き去られるのを恐れ、ボールホルダーに寄せない。

魅力も、怖さも無い選手が量産されてしまう。

私が発するのは、判断の無いクリアをするな!だけにしたい。









「なんで、〜〜するの?!」
「なんで、出来ないの?!」

出来ていないこと、失敗してしまったことは、選手自身が気づいていることが多い。

我々コーチは、その現象を指摘するのが仕事ではない。

それは、観客、サポーターに任せましょう。

その原因を探し出し、解決に向かいたい。








 この2つのNGワード。

違う言葉に言い換えて、発して行きたい。

思わず発してしまうのは、私の未熟さ故。

指導能力の無さだと。

選手に向上を求めるなら、私も!








 
posted by プロコーチ at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408523076
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック