2015年02月28日

今年も参戦

 今年も、社会人リーグに参戦。

1部リーグで戦えることに感謝しながら、初戦を迎えました。

対戦相手は、連覇をしているチャンピオンチームでした。

そのチームから学ぶことがあったので、覚えに書いておきます。








 その対戦相手は、ボールをポゼッションしながら、試合を運びます。

中盤から前は、チョンチョンと細かい展開と、ドリブルのバランスがいい。

一人でぶっちぎる能力は無いのですが、とにかく穴が無い。

ボールの納まるところばかり。

対戦相手の守備者からしてみれば、ボールの取りどころが難しい・・・。

詰まって後ろに下げると、サイドチェンジを一発のキックで出来る選手が一人。

あのDFの選手も、守る側からすれば、厄介なものでした。










 特筆すべきは、スペースを、共有し合っていること。

縦パスを入れるために、FWが1枚、斜めに流れて行く。

流れながら「タロウ(仮)タロウ(仮)」とトップ下の選手に声を掛ける。

流れたFWに斜めの縦パスが入る。

それと同時に名前を呼ばれていたトップ下の選手が、出来たばかりのスペースに入ってくる。

1タッチか、2タッチでトップ下にボールが渡ると、完全に前を向いている。

こちらは、完全に後手を踏みながらの対処になってしまう。

レッズやサンフレッチェが、縦パスをきっかけに選手が動き出す、アレです。







 そのきっかけとなるのが、名前を呼びながら、二人の選手がスペースを共有している。

その動きが斜めの組み合わせであること。

こちらも、常にチャレンジ&カバーが出来ていれば防げるのですが、遅れてしまう瞬間が、。

すると、決定的な形になってしまう。

対戦相手ながら、天晴!!の中盤の崩し。

是非、参考にしたい動きでした。

この崩しを支えるのが、穴のない出場選手たち。

一人ひとりが、難しいプレーではなく、シンプルで正確なプレーを心掛ける。

気の利いたプレーが出来るのは、数人しかいないのですが、とにかく総合力が高いチームでした。










 初戦は、残念ながら落としてしまいました。

自分自身は、まあまあのパフォーマンスだったかもしれない。

でも、失点して負けている時点で、DFとしても評価は、バツですね。

あの相手を参考に、崩しをしていきたいものですが、さて。
posted by プロコーチ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415176862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック