2015年03月07日

使える!

 仕事の関係で、スペイン人指導者(最上級のライセンス保有)と絡みませてもらいます。

昨年末は、スペインから日本に来てもらって、講習会、クリニックを開いてもらいました。

彼の特徴は、トレーニングメニューの宝庫であること。

パッと、出してくるメニューが、よく考えられているのです。









 意外と、基本的なメニュー、いわゆるドリル(アナリティコ)なものも大切にしている。

動作そのものができないと、戦術的な行動を遂行できないと考えているから。

日本人にとっても、入りやすい考えなのではないでしょうか。

ボール扱いだけのメニューはしない!

判断のないメニューで選手は育たない!

でも、ボールを止める・蹴る・運ぶの出来ない段階で、戦術的な行動を本当に取れるのか?

ボール扱いは簡単に身につかない。

継続的に取り組むんだ!

これが、ゴールでなく、スタートなのが彼のポリシーでした。

私にとっても、完全に賛成できる考え方でした。









 最近、また、彼とやり取りをしました。

雑誌の原稿を完成させるためです。

そこで、面白いメニューを教えてくれました。

個人技術、個人戦術を身につけるためのメニューでした。

それだけに留まらず、自然にグループ戦術、フットボールそのものの理解も助ける。

よく考えられたメニューだったのです。

試してみたい!素直に感じたのです。









 今日、このメニューを試してみました。

人数、レベルを、自分の指導する対象に調整しましたが。

そして盛り上がるように、チーム対抗で得点をカウント。

内容は、1対1を4つ、もしくは5つ同時に、1つのグリッドで行うというものです。

メニューを進めながら、選手たちがみるみるいい反応を示していくのが分かりました。

これは、使える!

トレーニングさせながら気づいたのは、集中力が求められるメニューであるということ。

集中力が切れると、すぐにやられてしまう。

少し問題も(ルールの運用・徹底が難しい)もありましたが、ぜひ何度か使ってみたいメニューでした。










 今度は、私がスペインを驚かせるようなメニューを組むぞ!

私のやる気も、高めてくれる、素晴らしいアイデアを頂きました。
posted by プロコーチ at 00:31| Comment(1) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このメニュー是非体験したかったです。そしてヒロコーチが生み出すであろうスペインを驚かせるメニューも。ヒロコーチのおかげでおっさんが嬉し恥ずかし始めたフットボールが本当に楽しいと思えました。これからはヒロコーチのレッスンでなくともフットボールを楽しんでいけるかとは思いますが、入り口を丁寧に作ってくれたヒロコーチには本当に感謝しています。これから両国で顔を合わせられないのはとても残念ですが今度会えた時にちょっとでも成長した姿を見せることが生徒にとっての恩返しと思っております。とりいそぎではありますが「本当にありがとうございました!」
Posted by てつ at 2015年03月13日 01:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック