2016年10月13日

アルジェリア代表チームの戦い。

 ホームでのイラク戦。

アウェイでのオーストラリア戦。

2試合を戦って、勝ち点4。

ハリルホジッチ監督としては、合格点のはずです。

彼のタスクは、ワールドカップに出場すること。

そして、ベスト16以上に進出すること。

この結果に対しては、誰よりも肝に銘じているでしょう。

競争の厳しい、ヨーロッパで戦い続けたハリルホジッチ監督。

だからこそ、いかにして勝ち点を積み重ねていくのか!に重きをおいている。

言葉の端々から、その価値観は感じられますね。





 一方、監督、彼自身が、求められていないと思っているタスクもあります。

もしかすると、明文化され、契約されているかもしれませんが、、。

日本サッカー界の、将来に向けて、選手を育てていく。

JFAの発信している「JAPAN'S WAY」に則った戦いをすること。

これらは、ファンや、マスコミは、求めています。

「どうして、あの選手を使わないんだ。」

「なぜ、勝利を放棄してまで、守備的な戦い方をするんだ。」

人気があるのは、ニュースターであり、彼らが躍動する攻撃重視な試合。

これは、日本だけでなく、世界的な傾向だと思われます。

ベテランが、老獪に戦い、しぶとく勝ち点を重ねる戦い方も、ある一定の評価もありますけどね。









 ハリルホジッチ監督には、信念を感じられます。

頑固者といっても、良いのかもしれません。

自分が信じる戦いを、やり抜く。

自分がこの世界で生き抜くために、結果を残し続ける。

まさに、プロの指導者と言えるのでしょう。

南野、中島翔哉などを用い、どんどん攻めていけば、一気に人気が高まるでしょう。

イメージは、トルシエ監督時代。

ワールドユースで活躍し、オリンピックで戦った選手たちが、フル代表に起用される。

若い選手たちが、ピッチ上で躍動し、格上の相手に立ち向かう。

でも、ハリルホジッチ監督は、そのようなことを、今はしないでしょうね。

選手を育てることや、日本サッカーの未来を描くのは、彼の仕事ではないですから。













 ホームで勝ち点を稼ぐ。

アウェイでは、負けを回避する。

勝ち点を計算できる、格下相手には、積極的な試合し勝利を目指す。

格上相手には、慎重に戦いながら、最低限の勝ち点を手にする。

そして、リーグ戦が終わった時には、チームの目標を達成させる。

ヨーロッパや、南米の試合を見ていれば、当たり前にありますよね。

何一つ、不思議でもない。

すべての試合で、攻撃的に、勝ち点3を目指す。

常に、自分たちの戦いをする。

そんなチームは、世界のトップ中のトップのみ。

レアルマドリーでさえも、ポゼッションを放棄する。

ブラジル代表も、守備を固めてカウンターが大きな武器になっている。












 それなのに、日本代表は、攻め続けなくては、評価されないのか?

そもそも、ハリルホジッチ監督は、何が得意なのか?

2014年のブラジルワールドカップ。

アルジェリア代表を躍進させました。

あの時の、戦い方は、どうだったでしょうか。

粘り強く、勇敢な選手たちが、戦う好チームでした。

パスを回して、相手の穴を探し、作りながら、ゴール前をこじ開けていく。

日本人が好むような、いわゆる攻撃的な戦い方ではなかったはずです。

鮮明に覚えているのが、決勝トーナメント1回戦での、ドイツ代表との対決。

優勝チームを延長まで追い詰めました。

1対2で敗れはしましたが、まさに死闘。

観るものを、感動させる戦いでしたよね。













 彼らの戦いは、データを見ると、はっきりしています。

アルジェリア代表は、1勝1分け1敗で、見事グループリーグを突破しています。

ところが、グループリーグ3試合を終え、ボールポゼッション率は42.6%に過ぎない。

全32チーム中、なんと30位。

グループリーグを勝ち抜けたチームとしては、USAに続いて、下から2番目。

ボールポゼッションは、されて当たり前のチームでした。

ちなみに、ブラジルワールドカップでは、ある傾向がありました。

ポゼッションタイプのチームの優位性が薄まったのです。

前回、南アフリカ大会では、スペインが優勝を飾りました。

ポゼッションこそが、優れている。

実際に、ポゼッション率の高いチーム、ベスト5は、そのままグループリーグを突破しています。

(ちなみに、アルゼンチン、ブラジル、スペイン、メキシコ、オランダの順。)

一方の、ブラジルワールドカップでは、変化が見られました。

ポゼッション率の上位5チームのうち、2チームが、グループリーグで敗退しているのです。

(スペイン、イタリアが敗退。アルゼンチン、ドイツ、チリは勝ち抜けました。)

ポゼッション率下位10チームの内、何チームがグループリーグを勝ち抜けたのか?

2010年大会は、たったの2チーム。

ところが、2014年大会は、アルジェリアを含む、6チームが勝ち抜けているのです。














 イラク戦と、オーストラリア戦を思い出してください。

最後の最後まで諦めずに、戦い続ける姿。

ボールポゼッションを明け渡す代わりに、強固な守備陣形を作る。

今回、オーストラリア戦のボールポゼッション率は、40%を下回りました。

それに、何のデメリットがあるのか?くらいに、監督は思っているでしょうね。

全員が体を張って、スペースを埋め、相手の自由を奪う。

いい形でボールを奪ったら、長い距離をいとわずに走り抜ける。

カウンターで、グサッと一刺し。

スピードに乗った、カウンターアタックはダイナミック。

パスを回す華麗な攻撃よりも、勝ち点を計算しながら戦う。

引き分けにすることで、次につなげる。

まさに、アルジェリア代表の戦いそのもの。

日本代表の監督に、彼を選んで任せている時点で、この状況は予想できたはずです。














 私は、現在の日本の立ち位置からして、妥当な選択だと考えています。

今まで、何度も指摘しましたが、日本は2種類の戦い方を、求められてきました。

一つは、強豪としての立ち位置から、主導権を握り、相手を圧倒する戦い方。

これは、アジアでの戦いでのみ、求められる戦い方です。

もう一つは、格上の相手と、いかにして戦うのか?

相手の良さを消しながら、何とか、勝機を探る戦い方。

この戦い方を、行ったり来たりしながら、チーム力を上げていくのが、今の日本代表の立ち位置。

もちろん、さらに強化していき、常に主導権を握りたいのですが、それは、しばらくは難しいでしょう。

自分たちのやりたいことを前面に出して戦うと、ジーコ、ザッケローニ監督時代のように、悲しい結果が待っている、、。

それならば、アジア予選の今から、準備をしていてもいいでしょう。

アルジェリア代表が見せた、ハリルホジッチ監督の得意な戦い方を成熟させるのは、ありではないか。










 優れた指導者は、選手を動かすことが出来ます。

モウリーニョ監督、オシム監督、サンパオリ監督。

彼らは、選手を走らせていました。

走ることを選手たちも、自ら選んでいるかのように見えます。

今回の、本田、香川、清武、原口、小林。

彼らも、チームのために走っていました。

様々な批判の声は聞こえてきますが、選手が走っているのが、何よりの証拠。

チームは、壊れていません。

それどころか、ハリルホジッチ監督の求めるように、チームが変わって来ています。

何とか、成績も出しながら、このまま、本大会を迎えてほしい。

その時の日本代表には、期待してもいいはずですよ。
posted by プロコーチ at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック