2016年11月15日

サウジ戦=オマーン戦+オーストラリア戦

 ハリルホジッチ監督は、能力の高い監督さんですね。

競争の厳しい、欧州で戦い続けた経験。

ワールドカップで、決勝トーナメントに導いた実績。

落ち着いて試合を観ると、彼の仕事ぶりがよく分かります。

なぜ、指導力に問題が、解任だ、などと騒いでいるのか?

理解に苦しみます。










 前回のアジア最終予選。

アウェイのオーストラリア戦では、勝ち点1を取りに行く。

引き分けで、次につなげる。

このような戦いを選びました。

ガチガチに引いて、守備の規律を守らせる。

そして、カウンターでチャンスを窺う。

そして、プラン通りに勝ち点1を得た。

さらには、アウェイで得点も奪った。

予定通りの戦いを見せました。

素晴らしいのは、攻撃が大好きな人間を起用していたこと。

その彼らが、守備をするために奔走し、戦い続けた。

試合を見る限り、チーム内に規律がある証拠だと思います。










 先週の親善試合、オマーン戦。

ここでは、全く違う戦いを見せてくれました。

とにかく攻撃的に、ゴールを目指し、勝ち点3を奪取するための試合運びです。

オマーン守備陣が5枚+4枚の9枚でスペースを埋める。

引いてきた守備陣を崩せないのが、いつもの日本。

ボールが横にだけ回っていた?

ボールは保持するものの、相手ゴールには迫れない。

終わってみれば、消化不良のゲーム。



 今回見せたのは、相手陣地で長く戦う。

両サイドのアタッカーを中央付近に入らせる。

両サイドバックを高い位置に配置する。

そこに、トップ下の清武、ボランチの永木、山口が絡んでくる。

7人もの選手が、ボールよりも前でプレーする。

何とも、攻撃的な戦いでした。

しかも足元だけで回すだけでなかった。

ワンツーやオーバーラップラン、2列目、3列目からの飛び出し。

ボールを追い越す動きが、数多く見られました。

ダイナミックな、勢いのある攻撃でした。









 この戦いを選ぶと、相手チームのカウンターが怖い。

両サイドバックの裏のスペース。

中盤の大きなスペース。

ボールを奪われた瞬間、ここを使われて、一気のカウンターアタック。

実際に、何度か、危ういシーンがありました。

その回数を少しでも減らすために、攻撃から守備の切り替わりを早くしていましたね。

奪われた瞬間、近くにいた選手がつぶしにいっていました。

後ろに下がるのではなく、その場で相手に向かっていく。

本田は、攻撃面での貢献は少なかったですが、この切り替わりの部分は走っていました。

そして、大迫の先取点。

奪われたその時、永木が相手から奪い返し、分厚い攻撃につなげました。

指揮官のイメージ通りのゴールだったはずです。










 サウジアラビア戦。

ここでは、このオマーン戦と、オーストラリア戦を融合させた戦いを目指すのではないか。

積極的にゴールを目指す時間帯。

割り切って、相手にボール保持を許す時間帯。

この二つを有効に使い分けるのが、ハリルホジッチ監督の目標だと思われます。

今は、試合によって使い分けですが、

本来は、一つの試合の中で、使い分けて行きたいはずです。

選手が、どちらかの戦いに偏るのではなく、試合の流れによって使い分ける。

その姿を、サウジ戦では見れるのでしょうか。

それが完成に近付く時が楽しみです。

どちらかに偏ってしまえば、勝ち点3は難しいでしょう。

オマーン戦+オーストラリア戦が出来ているかどうか?!

試合を見る、一つのチェックポイント。
posted by プロコーチ at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック