2016年11月28日

ようやく。

 サウジアラビア戦。

久しぶりに強豪相手に、勝利を収めることができました。

ハリルホジッチ監督の手腕がいかんなく発揮されたとも言えます。

私自身、ずっと擁護していたので、少しホッとしました。

選手を批判する、監督を批判する。

またその逆に、褒めたたえる。

いずれにしても、本当にピッチの中で起きていることが見えているのか?

イメージに固定されてはいないか?

妙なバイアスは取り払って、試合を見てみる。

そうすれば、ハリルホジッチ監督の仕事が理解できるでしょう。










 今回のサウジアラビア戦。

予想通り、2種類の戦いを使い分けて試合を進めて行きました。

積極的に攻撃する部分。

ゴールを目指し、相手陣地で試合を行う。

守備でも攻撃でも、相手にプレッシャーをかけ続ける。

もう一つは、自陣深くに閉じこもり、リスクを避ける戦い。

ボールポゼッションを放棄したかのような、専守防衛。

つまらない!と言われかねない、守備に重きを置いた時間。

後半の途中からは、この戦いにシフトしましたね。

割り切ってボールを回させている。

最後の部分で、ボールに寄せる。

そこまでは、問題なかったのですが、、、。








 課題は、失点してしまったこと。

この戦い方をしている時は、失点してはならないはずなのに。

今回は、勝ち点3を手にするために、後半途中から守備的布陣に変えました。

おそらくワールドカップの本戦では、この戦い方をする時間が増えるはずです。

(本選出場が決まり、かつ、その時までハリルホジッチ監督が指揮していればですが、)

強豪相手に、先に失点はしたくない。

0対0の時間を少しでも長く続けて、相手の足が止まる時間まで持ちこたえる。

足が止まってきたら、カウンターの機会をうかがう。

失点をしてしまえば、このプランが崩れてしまう。

自分たちよりも力が上のチームを相手にする時には、先取点が大きくものを言います。

だからこそ、失点をしないという戦い方を選んだ時には、失点をしてはならないのです。









 ボランチの選手は、山口選手が中心になっていきそうですね。

あれだけ、体を張って、守備に攻撃に走り回る。

ボールを奪取する能力、危険を回避する能力。

長い距離を走って、攻撃に加わる走力。

なんとも、近代的な選手です。

攻撃の組み立てを考えると、遠藤、柴崎選手が、上なのでしょうか。

でも、ハリルホジッチ監督は、そこをあまり求めていないように感じます。

もっと強い相手、さらにはアウェイとなれば、長谷部選手すら外してしまいそうです。

山口、永木コンビで、とにかく走り、守り、潰し、仲間を助ける。

エレガントな選手が、低い位置で組み立てをするのは、一昔前の話になっていく。

例えば、イタリアのピルロ選手のような存在。

それは、今後のトレンドはないですね。












 では、どのような課題が考えられるのでしょうか?

最も考えられるのは、中東でのアウェイでの戦いですね。

独特な空気、対戦相手。

それを前にして、どのように準備して、戦っていくのか。

ここで重要なキーファクターになると思われるのが、手倉森コーチです。

JFAが今まで蓄積した、アジア向けの戦いを実践するための、現場とのつなぎ役。

手倉森コーチの仕事のパフォーマンスが、予選を突破するキーになるでしょうね。
posted by プロコーチ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック