2017年01月05日

バッタの運動会

「おい、バッタの運動会を知っているか?」

私が20年前以上に、塾の講師をしていた時に、先輩から問いかけられました。

知らなかった私は、教えてもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・
バッタに、コップを被せてしまう。

バッタは、ピョンピョン飛ぶが、コップにぶつかってしまう。

被せられたコップにぶつからないように、ジャンプをするようになる。

しばらくして、コップを外して、バッタを自由にしてあげる。

それでもバッタは、コップにぶつからない高さでしかジャンプしないようになってしまう。

コップが無くなったにもかかわらず。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 この訓話から、いくつかのことを学ぶことが出来ます。

・自分で自分の限界を決めてしまうと、それ以上にはなれない。

・諦めてしまうと、それ以上を求めて、行動をしないようになる。

・抑圧してしまうと管理しやすいが、成長を止めてしまう。
(本当は、もっと成長していたのかもしれないのに。)






 聖和学園の試合を見ていて、バッタの運動会が思い出しました。

プラスの面。

ボールを蹴飛ばすことばかりを求められた選手は、ボールを持てなくなるのだろう。

だから、ボールを止める、運ぶ勇気を持たせることは、指導者に求められている。

ボールを扱うことができる選手は、年を重ねて、走れなくなってもフットボールを楽しめるのでしょう。



マイナスの面。

ボールを運ぶ、ドリブルとショートパスばかりを求めていくと失うものがある。

ボールをバシッと蹴れる選手がいない。

ヘディングをたたけない。

もっとも気になったのは、フリーランニングしなくなること。

スルーパスが欲しくて裏に走ってもボールが出てこない。

クロスを信じて飛び込んでもクロスが上がらない。

すると、選手はフリーランニングをしなくなる。

ボールを足元で受けるためのフリーランニングばかりで、ゴールに向かうスプリントが無い。






 我々は、選手に、コップをかぶせてしまってはならない。

もし選手が、見えないコップをかぶってしまっていたら?

そこから解放してあげるのも、指導者の仕事。
posted by プロコーチ at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445589567
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック