2017年01月20日

ページをめくり体験する。

 私は、本が好き。

雑誌でも、書籍でも。

自分が知らなかった世界を体験できるから。

近づくことが難しい世界に触れることができるから。







 家にサッカー・フットサルの書籍、雑誌が何冊あるのだろう?

創刊から15年買い続けている指導者向けの月刊誌「サッカークリニック」。

別冊も買っているので、それだけでも、200冊超。

技術書、戦術書、コーチング、教育、歴史、伝記、、、。

軽く1000冊は超えています。

その一つ一つが、私の知・血となり、肉となっている。








 あるコーチと話したときに、私と違う考えでした。

「フットボールの本や雑誌は読まない。」

「気になる指導者がいれば、会いに行ってしまう。」

本や雑誌は、信用していないとのこと。

それを聞いて少し寂しい気持ちはしますが、それも一つの考え方。









 さて、自分自身はどうしようか。

昨年も、フランス現地でユーロを観て、ブラジルに学びに行き、3つの講習会に参加。

すこし、教え子には迷惑をかけてしまっている。

時間に限りがあるので、これ以上は増やせない。

実体験は大事にしたいのは、私も同じなのですが、

やはり、本との付き合いは、続きそうです。

posted by プロコーチ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック