2017年02月15日

マスチェラーノのスプリント

 バルサの試合を観ていて、驚いたこと。

それは、マスチェラーノの、あるタイミングでのスプリントです。





 一人一人が、パスを受けるために動く。

マークを外し、サポートし、スペースを管理する。

それは、当然。






 相手CBが低い位置でボールを保持し、FWに向けてロングフィード。

その瞬間は、もちろん、守備をするために、前後左右の距離を圧縮している。

ボールを奪うために、コンパクトな陣形を保っていました。





 FWがこぼしたボールを回収したマスチェラーノ。

体勢が悪かったので、GKにバックパス。

するやいなや、ペナルティエリアの角付近に向けて、スプリント。

30M以上はあったはずです。

猛然と、本気のダッシュ。






 ビルドアップをするために、サポート。

それは、当たり前。

GKには、全くプレッシャーはかかっていません。

落ち着いてボールをコントロール。

その時には、マスチェラーノは、ペナルティエリアの角に到着している。

前を向いて、良い体の向きで、ボールを受ける準備が完了しているのです。









 もちろん、その後は、プレーを成功させました。

GKからのパスを足元で受け、前方にパス。

いつものように、ビルドアップを終えました。








 なかなか、トップレベルの他のクラブでも、この動きは目に出来ません。

当たり前のように、ここでスプリントできるのが、バルサの強さですね。

そして、マスチェラーノが重用されている理由の一つでしょう。
posted by プロコーチ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック