2017年04月28日

まだ見つかっていない

 チャンピオンズリーグでユベントスが勝ち抜けました。

世界最強とも思われていた攻撃陣を完璧に抑え込んだ。

パスは回させても、怖いところには入れない。

ドリブラーが持った瞬間、複数で囲みこむ。

特に2NDレグは、狙ってロースコアの試合に持ち込んだ。

終わってみれば、0対0。









 昨年の秋に、私が受講した指導者講習会。

そこで聞いた話が、頭に浮かびます。

UEFAのテクニカルスタディグループ。

世界最先端の指導者集団が、ヨーロッパ選手権を分析した結果についての話が出ました。

分析した一人が、その場に来ていました。

「今回のトレンドの一つに、深い位置に引いて、人数をかけて守備をするというものがある。」

「優勝したポルトガル、さらにイタリア、ウェールズは

 3バックから、両サイドを下げ、さらに中盤も下がる。
 
 躍進したアイスランドも、形は違えど、守備に人数を割いていた。」

現地で私も観戦しましたが、攻撃的なチームが次々と敗北していきました。

そして、その次の言葉が印象的でした。

「このような守備を打開する方法は、各国共に、見つかっていない」








 今回のユベントスの勝利は、その流れをくむものですね。

あれだけ高いレベルの選手たちが、全員で、割り切って守備に回る。

その時の、有効な打開策は、正直無いのかもしれない。

そこを打ち破ろうとするから、さらにフットボールは進化するのでしょうが、、、。
posted by プロコーチ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック