2017年08月13日

熱中させる。

 好きこそ物の上手なれ。

「どんなことであっても、
 人は好きなものに対しては熱心に努力するので、上達が早いということ。」

                 引用…故事ことわざ辞典


 フットボール好きの気持ちを大切に、コーチングする。

そうすれば、選手たちは、どんどん成長していくでしょう。

我々コーチは、何をするのか。

まずは、じっと観察する。

そして、少しだけ、手助けをしてあげれば良いのではないでしょうか。








 では、苦手だと思っていること。

嫌いだと選手が感じているならば、どうすればいいのでしょうか?

大好きなシュートや、ドリブルは、子供たちは積極的に取り組みますよね。

一方、どうしても嫌がるようなプレーもありますよね。

でも、試合の中では、頻出するプレー。

放っておいては、ならない。

このヒントをクルゼイロのコーチから教わりました。







 ヘディング。

今の子供たちは、あまりトレーニングしていないのでしょうね。

ロケットが発射していくかのような両腕を閉じて、直立したままのフォーム。

目を閉じて、ボールを怖がってヘディング。

ボールタッチが得意な選手も、ヘディングとなると、レベルが落ちてしまいます。

私は子供たちに聞きました。

「1回のトレーニングで、ヘディングを何回くらいする?」

すると、驚きの答えが返ってきました。

最少は、0回。

多くても10回。

それでは、ヘディングが上達していないのも、当然です。










 サッカーキャンプの中で、毎回ヘディングに取り組む時間があります。

と言っても、二人組で向かい合って、手で投げてもらったボールをヘディング。

これを繰り返して、上達させる!のではありません。

最初は、現状を把握するために、向かい合ってヘディングしました。

すると、やはり、そのレベルは高くありません。

本当に、普段やっていないのでしょうね。




 さあ、クルゼイロ流のヘディングトレーニングが始まりました。

3種類ほどの、ゲーム性の高いトレーニングです。

そして、痛くならないように、ゴム製のリフティングボールから始めます。

これならば、仮に失敗しても、痛みは半減します。

バドミントン。

バレー。

サッカー。

点数を数えて、競争しながら。

子供たちは、笑いながら、嬉々として、ヘディングを繰り返します。

最後に、向かい合ってヘディングをしました。

びっくりするくらい、上達していました。

ボールをしっかり捉えて、強いボールが狙ったところに飛んでいきます。










 子供たちは、好きではない技術。

苦手意識を持っていたはずの技術に、前向きに取り組めました。

しかも、1時間もヘディングのトレーニングをしたのですが、嫌な顔になりません。

何百回も繰り返して、ヘディングに取り組みました。

その数と時間は、大人でもウンザリしてしまいますよね。

少なくとも、私は、やりたくありません。

でも、子供たちは魔法にかかったように、ヘディングを続けました。

そして、一気に上達したのです。










熱中すると、上達は早いです。

選手の心を動かすこと、コーチの大きな仕事の一つですね。





posted by プロコーチ at 23:16| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。