2019年10月19日

本質の確認…攻撃

 盛り上がっていますね。

ラグビーワールドカップ。

私も何とかチケットを購入し、観戦してきました。

ラグビーのルール分かるの?などと聞かれます。

子供のころから、実はテレビで観ていました。

松尾、平尾、堀越、今泉、吉田。

新日鉄釜石、神戸製鋼、早稲田対明治は記憶にあります。











 でも、変わりましたね。

一番は、ゲームのテンポ。

もっと、ボールの周辺で、ぶつかり合い、もみ合いが長かった。

だからこそ、ミスターラグビー平尾さんの、あのステップがより輝いて見えました。

今は、どの選手も、走れる、闘える、ぶつかれる。

バックスの選手が大きくたくましく、フォワードの選手は素早くなっています。

それは、日本のラグビーが成長した証であるでしょうし、ラグビーという競技そのものの進歩。

我々のフットボールと同じで、より高いレベルのフィジカルが求められている。

より速く、よりたくましく、でも高いテクニックと判断は大切に。













 私が観戦したのは、熊谷の競技場です。

ラグビー専門の競技場だけあって、選手が近い!

柏や三ツ沢、昔の神戸中央で観ているような臨場感。

横国だと、テレビ映えはするのでしょうが、あの熱はないでしょうね。

それも、我々と同じでした。

フィジカルコンタクトが繰り返される分、さらに熱さが伝わって来ました。











 ラグビーは、前方向に進むことが難しい。

手でのパスは自分の横、後ろのみ。

前に進む方法は、キックか、ボールを持って突進の2択。

ボールを横に動かすのは、そこまで難しくない。

相手DFも、ルールで定められているので、ボールより後ろで待っていますから。

でも、横に動かすだけでは、すぐに詰まってしまう。

追い詰められて、前方に逃げ出すようなキック。

相手にボールを奪われて、攻撃のチャンスを失ってしまいます。














 フットボール的な考えしか出来ませんが、大切なことが見えました。

それは、ゴールに向かって進むこと。

ゴールに向かって突っ込んでいく。

すると、相手DFがそこに集まってくる。

ボール周辺にサポートをして、すぐに新たな展開をする。

相手を集結させておいて、展開する。

相手の反応、我々で言うところのスライドが遅れたら、さらに前に進んでいく。

この前に進む、つまりゴールに向かうことがキーポイントではないか。











 パスが目的になってしまう。

そんな攻撃は怖くない。

ボールを失わずに、前に進む。

ボールホルダーは、まずゴールに向かう。

それ以外の14人は、サポートをする。

ボール近くは、次の受け手に。

ボールの遠くの選手は、広がって幅を作る。

先にポジションを取ることで、相手DFに反応させる。

この繰り返しで、攻撃のベースが成り立っている印象。














 これは、フットボールにも通じる本質です。

まず、ゴールに向かう。

だから、相手選手がゴールを守ろうと集結してくる。

だから、他が空いてくる。

忘れてはならない本質を教えてもらいました。



posted by プロコーチ at 12:18| Comment(0) | 観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。