2017年04月28日

まだ見つかっていない

 チャンピオンズリーグでユベントスが勝ち抜けました。

世界最強とも思われていた攻撃陣を完璧に抑え込んだ。

パスは回させても、怖いところには入れない。

ドリブラーが持った瞬間、複数で囲みこむ。

特に2NDレグは、狙ってロースコアの試合に持ち込んだ。

終わってみれば、0対0。









 昨年の秋に、私が受講した指導者講習会。

そこで聞いた話が、頭に浮かびます。

UEFAのテクニカルスタディグループ。

世界最先端の指導者集団が、ヨーロッパ選手権を分析した結果についての話が出ました。

分析した一人が、その場に来ていました。

「今回のトレンドの一つに、深い位置に引いて、人数をかけて守備をするというものがある。」

「優勝したポルトガル、さらにイタリア、ウェールズは

 3バックから、両サイドを下げ、さらに中盤も下がる。
 
 躍進したアイスランドも、形は違えど、守備に人数を割いていた。」

現地で私も観戦しましたが、攻撃的なチームが次々と敗北していきました。

そして、その次の言葉が印象的でした。

「このような守備を打開する方法は、各国共に、見つかっていない」








 今回のユベントスの勝利は、その流れをくむものですね。

あれだけ高いレベルの選手たちが、全員で、割り切って守備に回る。

その時の、有効な打開策は、正直無いのかもしれない。

そこを打ち破ろうとするから、さらにフットボールは進化するのでしょうが、、、。
posted by プロコーチ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

どちらが先か?

 最近、すこし流行っている言葉があります。

「鶏が先か、卵が先か。」

当事者としては、悩ましい問題でしょう。







 ボールを自由に扱う。

ボールハンドリング。

止める、蹴る、運ぶ、ヘディング。

ここを先に高まることで、プレーの幅が広がる。






 一方で、戦術的理解がないと、何も始まらない。

そういう考え方もあるのではないか。

見えている、分かっているからこそ。

ボールを扱えるだけで、何をどうすればいいのか分かっていないと、困るだろう?!








 どちらが正解か分からない。

そもそも、正解があるのかどうかすら分からない。

もちろん、どちらかだけ!ということはあり得ない。

鶏と卵、どっちなのでしょうね。
posted by プロコーチ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

選手の意識

 人の心は、言葉や雰囲気に、大きく左右される。

例えば、ゾーンで守備をしよう。

もしくは、スペースのケアを!

と言えば、ボールホルダーに厳しく寄せることがおざなりに。




 一方、マンツーマンで守備をしよう。

さらには、マークの責任を!

と言えば、オフのマークをしている選手が、目の前の自分のマークしか見なくなる。



 コーチは、自分の言葉で、選手がどのような反応を示すのか?!

そして、どんな現象が起こるのか?

言葉を振り回すだけでは、選手やグループは改善できないですね。

1手先、2手先を読みながら、指導にあたらなくては。
posted by プロコーチ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

やはりつながっている

 守備の課題に取り組むグループ。

トレーニングの半分以上が、守備に関する内容。

当然、私のコーチングポイントも守備に関することが大半です。







 少しずつ、課題を改善しつつあります。

すると、チームの攻撃も改善される。

アタッキングサードに侵入する回数が増え、シュートの本数が増えています。







 やはり我々のフットボールは、攻撃と守備はつながっている。

ということは、守備をよりよくするためには、攻撃のトレーニングにも意識を持たねば。
posted by プロコーチ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

 走るとき、90度に折り曲げた腕を振る。

前向きに走るときに振れる選手も、バックステップになると、腕が下がる。

体のバランスを整え、足を動かしやすくしてくれる、腕降り。





 ボールを蹴るときに、腕を使って体の動作を助ける。

助けるどころか、全身の動作をリードしてくれる。

キックの苦手な選手は、腕を使えていないことが多い。

苦手な足の場合もそう。





 足のことばかり考えていては、向上しないかも。

腕の動作を確認してみる。
posted by プロコーチ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

子は親の鑑

 デモンストレーション。

よい見本を見せることで、選手には大きなインパクトが残ります。

100の言葉よりも、1つの見本。

コーチとして選手に言うことを聞かせたいなら、一発でコーナーキックを直接決めろ。

そんな格言があるくらいです。









 それは、大人、親も同じこと。

大人の振る舞いが、子供の振る舞いになる。

参観日、発表会。

父兄も参加できる、学校の行事があります。

ずーーっと、大人がひそひそと話し続けている。

目の前で先生が授業をしていても、子供が発表していても。

本人たちは、周りに聞こえていないつもりなのでしょうか。









 このように話している大人たちは、自分の子供にどのように育ってほしいのでしょうか?

授業中には、まっすぐ前を向いて、集中して聞いてほしい。

人の話を聞いて、理解してほしい。

集団行動を身につけて、社会の一員として、一人の人間として歩いて行ってほしい。

だったら、まず、自分がそれを示さなければならないのでは?

参”観”日であって、参”話”日ではない。









 私が付き合いのある、ブラジル人のコーチも、スペイン人コーチも、同じことを言ってくれます。

「日本人は規律正しい。」

「日本人は我々をリスペクトしてくれる。」

規律正しく、集団で動くことが、日本人のストロングの部分と言われています。

その部分を強く打ち出して、日本のフットボールを強化しようともしている。

もしかすると、この考え自体、古いかもしれない。

参観日で話し続ける大人。

その大人が育てている、今の子供たち。

おそらく、TPOをわきまえず行動する大人に育っていくでしょう。

普段の生活がそれなのに、突然ピッチの上でだけ、行動を変えることは難しい、、、。
posted by プロコーチ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

お尻

 軸足の踏み込み。

キックの際、軸足をぐっと踏み込み、安定させる。

一瞬、壁を作りたい。




 そして何より、お尻が落ちないように。

お尻が落ちると、キックがぶれる。

パワーが出ない。

スプリントした後のキック。

試合後半のキック。

そこで、お尻を落とさない、軸足の踏み込み。
posted by プロコーチ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

ページをめくり体験する。

 私は、本が好き。

雑誌でも、書籍でも。

自分が知らなかった世界を体験できるから。

近づくことが難しい世界に触れることができるから。







 家にサッカー・フットサルの書籍、雑誌が何冊あるのだろう?

創刊から15年買い続けている指導者向けの月刊誌「サッカークリニック」。

別冊も買っているので、それだけでも、200冊超。

技術書、戦術書、コーチング、教育、歴史、伝記、、、。

軽く1000冊は超えています。

その一つ一つが、私の知・血となり、肉となっている。








 あるコーチと話したときに、私と違う考えでした。

「フットボールの本や雑誌は読まない。」

「気になる指導者がいれば、会いに行ってしまう。」

本や雑誌は、信用していないとのこと。

それを聞いて少し寂しい気持ちはしますが、それも一つの考え方。









 さて、自分自身はどうしようか。

昨年も、フランス現地でユーロを観て、ブラジルに学びに行き、3つの講習会に参加。

すこし、教え子には迷惑をかけてしまっている。

時間に限りがあるので、これ以上は増やせない。

実体験は大事にしたいのは、私も同じなのですが、

やはり、本との付き合いは、続きそうです。

posted by プロコーチ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

個を高めるために

 FW,CB、右SB。

今日、色々なポジションをしました。

顔見知りはいるものの、ほぼ知らない者同士でのサッカー。

名前も分からず、もちろんプレースタイルや、価値観も分からない。






 うーん、難しい。

特に、後ろのポジションは準備が難しい。

声かけはしても、反応がイマイチ。

いい準備をして組織を作りたくても、組織にならない。

結局、1対1、2対2などの最小限のグループでの戦いの積み重ねになる。

個の勝負での勝ち負けが、試合での勝ち負けに大きくつながる。








 ふと考えてみる。

楽しくはないが、個の能力を高めるには、逆にいい環境かもしれない。

誰も助けてくれないのなら、自分が何とかしなくては!

海外での戦いは、このような状況が多いようですね。

特に1部リーグ以外などは、このような感じ。






 結局のところ、自分が何ができるのか。

それだけですね。

ドリブルや、ファーストタッチで目の前を一人外せば、大きなスペースが広がる。

対峙した選手からボールを奪うか、抜かれるかが勝負。

しんどいですが、修行の場ですね。
posted by プロコーチ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

風が吹けば桶屋が儲かる

 風が吹けば桶屋が儲かる。

南米で蝶がはばたけば、アメリカで竜巻が起こる。

そんなコーチングが出来るように、日々考える。

どれだけ、数手先を読みながら、コーチング出来るか?!




 風が吹けば、ほこりが舞って、目の病気が増える。

目の病気が増え、失明する人が増えれば、三味線で生計を立てようとする人が増える。

三味線を作るための材料である猫をつかまえると、天敵が減ったねずみが増える。

ネズミが増えると、桶をかじって、台無しにする。

そしてようやく、桶屋が儲かる。




 現象を見て、原因を追究する。

原因を改善するためには、どのようなコーチングが必要なのか?

数歩先を読みたい。

その仕掛けをするのが、大切な仕事です。


posted by プロコーチ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

違う環境で生きる人と

 高校サッカー部時代の仲間と話。

今は、某県の高校サッカーの指導者として活躍している。

なにか、行き詰っていることがある、とのこと。

深夜のファミレスで、コーチ同士のトーク。

すると、ストンと胸のつかえが、落ちたようで。









 帰り間際に、

「普段、同じ人、同じ環境でだけ話をしていては、考えが行き詰まるね。」

「話せて良かった。」

と、満足の表情で帰っていきました。

なるほど、その通り。

こちらも、同じです。

様々な角度から、インプットとアウトプットを繰り返す。

大事ですね。
posted by プロコーチ at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする