2016年03月26日

卒業おめでとう。

 卒業を迎える君たちへ。

私の元で、フットサルをプレーして、たくさんの時間を重ねました。

週に1度、2時間にも満たないトレーニング。

そこで何が出来るか?

常に考えて毎週、毎週臨んでいました。

途中から震災の影響で、体育館が変更してしまいました。

それでも変わらず、トレーニングを続けましたね。









 最初に取り組んだことは、靴の整理を自分ですること。

入口付近に、靴を脱ぎ散らかしてしまっていました。

何度も、何度も、何度も、靴の整理をやり直しましたね。

今時、そんなことを言われるのは、あまり無いのかもしれません。

でも、靴の整理を出来ないと言うことは、自分と他人との関係を考えられないということです。

次、体育館に入ってくる人が、嫌だなと思ったり、入りづらかったりしてしまう。

他人の思いを想像できない人間が、サッカー・フットサルをして上手く行くわけがない。

どんなパスを出せばいいのか?相手DFが何を考えているのか?

そこを考えていくのが、試合ではないですか?

自分がしたいプレーだけを、靴を脱ぎ散らかすようにしている選手の価値は低いです。

今日、最終日に玄関の靴を見てみました。

キレイに整っていましたよ。

後から入って来た大人より、みんなの靴の方がキレイだったかも!

胸を張って、自慢できることです。

この素晴らしい習慣続けて行ってくださいね。







 私は、これだけしかない!という指導が嫌いです。

小学生だから、これだけ。

フットサルだから、ここだけを。

こだわりと言えば聞こえがいいのですが、選択肢を選手から奪い取っているのではないか。

フットサル特有の動きや、足裏のコントロール。

ドリブルを徹底的に!

そのようなトレーニングは、して来ませんでした。

思い返しても、たくさんのたくさんのトレーニングをしましたね。

攻撃、守備、ボールコントロール、パス、サポート、見ること、判断すること、フェイント、マークを外す、シュート、ボールキープ、ボールのさらし方、ボールの隠し方、ポゼッションにサイドチェンジ、オフのマーク、アプローチ、カバーリング、前線での守備、自陣での守備。

ラダーやリング、コーン・マーカーを使って、様々なステップや、鬼ごっこ。

トスマシーンでのトレーニング、イレギュラーバウンドするボールでキャッチボール。

ブラインドサッカーの体験もしましたね。

他にもたくさんのトレーニングを体感しました。










 自ら考え、動かなくてはならないメニューもありましたね。

決められているのは、試合数と合計人数のみ。

自分たちで人数を考え、メンバーを考え、戦い方を考えてもらいました。

考えが浅すぎて、失敗してしまうことも、たくさんありました。

メニューが少し複雑で、攻める方向が変わったり、人数が変わるメニューもありました。

でも、困った場面では、自分たちで解決策を導き出すことが、当たり前になりました。

それこそが、サッカーであり、フットサルですよ。

試合が始まれば、監督もコーチも、お父さんお母さんも助けてくれません。

チームの仲間と共に、目の前の困難を解決していく選手に、なって欲しい。

そう願って、様々な仕掛けをしてきました。

その全てが、みんなの血となり肉となってくれたいるはずです。

みんなは、中学校、クラブチームで、どんなトレーニングをしても、対応できるのではないですか?

なぜなら、君たちは、トレーニングをポジティブに取り組む素晴らしさを分かっているから。










 先日、最後のフットサル大会に出場しました。

最初は、0勝4敗、得点1、失点20以上。

ビックリするくらい、ボロ負けでした。

一方的にやられ、悔しい思いばかりでしたね。

何度も何度も試合に敗れ、心が折れそうな瞬間もあったのではないですか?

それが、夏も、今回も見事優勝。

バーモントカップでも、堂々たる戦いでしたね。

成績も素晴らしいですが、試合内容はもっと素晴らしいものでした。

至る所で、連続してプレーしていました。

自然とパスがつながり、ドリブルで崩し、ゴールを奪っていました。

そして、一人一人が相手と戦っていました。

そして、仲間と励まし合っていましたね。

相手チームの戦いが幼く感じるくらい、いい内容でした。

常に、試合でもトレーニングでも全力を出して戦うことを求めてきました。

常に、考えることを求めてきました。

どうでしたか?









 私は、みんなの成長を一番近くで見ることが出来ました。

みんなと共に時間を過ごせて、コーチとして幸せでした。

まだ幼い部分が顔をのぞかせて来ます。

感情のコントロールも、もう一歩でしょうか。

そこは、今後のさらなる成長を信じています。

今日、一緒に試合をしましたね。

成長に驚き、喜びながらも、勝たせてもらいました。

そんなに簡単には、負けるわけにはいきません。

もっともっと成長しないと、私の壁は越させません。









 素晴らしい仲間と、思いっきりフットサルを出来たことは、人生の宝物の一つです。

私も宝物を手にすることが出来ました。

4月からは新しい環境になりますね。

そこでも、新しい宝物が見つかることを願っています。

私も、さらなる宝物を手にすべく、取り組んでいきます。

場所は違いますが、共に戦いましょう。

いつでも遊びに来てくださいね。

もちろん、靴はキレイに揃えて。
posted by プロコーチ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

想像すること。

 3月11日。

この日は、忘れてはならない日付です。

時間の経過とともに、風化してしまうのか。

いまだに、震災の被害で苦しんでいる人がいる。

必死に立ち直ろうと、活動されている方がいる。

離れた場所で生活する私は、何が出来るのでしょうか。






 この文章は、2011年の3月15日。

震災の4日後に書いたものです。

今読み返してみると、当時の感情が蘇ってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東日本震災の影響は、首都圏でも大きくなっています。

被災地の状況、原子力発電所の深刻な状況が伝えられています。

スポーツなんかしている場合ではない。

フットボールなんて、後回し。

そのように考える人が多くいても、何も不思議はありません。

Jリーグを始めとする、スポーツイベントが、次々と中止や延期を決めています。







 私は、スポーツの持つ大きな力を信じています。

フットボールの持つ大きな力も信じています。

こんな時だからこそ、フットボールをする喜びを伝える方法はないのか?

暗いニュースばかりだけど、その時だけでも、明るい気持ちにするお手伝いは出来ないのか?

そんなことを言っても、今は、緊急時である。

皆さんに多大なる負担・迷惑をかけてまで、開催する必要はあるのか?

決断を出すのが、正直苦しい。








 頭を抱えている私に対して、今朝、こんなメール届きました。

送り主は、仙台の津波の被害を受けた地区に、実家がある友人からです。

家族は奇跡的に無事だったものの、避難所で食料も行渡らず、不便な暮らしを強いられている。

ようやく、先ほど電気が通ったこと、少しだけ電話で会話が出来たことなどを伝えてくれました。

そして、変わり果てた様子がテレビに映り、言葉も出ないこと。

応援に行きたいのだが、現地に行けず、もどかしい思いをしていることも文中にはありました。







 そのような状況にあるのに、文末には、私に対する励ましの文章が記されているのです。

「地震(節電等)の影響で、スクールの運営が大変だと思うけど、

 ボールを蹴れない東北のフットボーラーのためにも頑張ってください。」

私は、この言葉を軽く扱ってはならない。

もちろん、皆さんへの悪影響も考えながら、最大限の努力をしたい。

改めて決断をしました。

・スポーツ・フットボールの持つ力を信じ、その素晴らしさを伝える。

・ボールを蹴れる場所を提供する。






この状況では簡単ではないのですが、ボールを当たり前に蹴れる場所がある幸せを。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 私は、会社のスタッフと共に代々木体育館でフットサルの全日本選手権を観戦していました。

そして今日も、今から全日本選手権の観戦に向かいます。

フットボールに触れている、当たり前の日常を幸せに感じる。

この時に感じたものを想像し、当たり前の日常に、感謝。
posted by プロコーチ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

2月26日に思う。

 2月26日。

多くの一般社会人、学生は、昭和初期に起こった事件を思い出す。

226事件。

映画やドラマにも取り上げられる、青年将校たちが起こしたクーデーター。

この事件の後、我が国はさらに戦争へと向かって行った。

歴史の教科書で、このように習いました。









 でも、日本サッカー界における2月26日は、特別な意味を持ちます。

キングとも称される、三浦知良選手の誕生日ですよね。

サッカー選手の誕生日が報道されるのは、三浦カズさんくらいではないでしょうか。

この日を迎えた時に、まだ現役で戦っている姿は、尊敬しかありません。

49歳。

何歳になっても、努力を続け、自分を追い込んでいる姿。

ランニングで先頭に立って走っている姿。

ファンを大切にしている姿。

何よりも、サッカーを心から愛し続けている、永遠のサッカー少年。

その姿は、プロアマ問わず、全サッカープレーヤーが真似すべきです。










 前回紹介した、バロンドール。

あの賞は、一人の英雄のために作られたとも言われています。

イングランド代表として活躍していた、サー・スタンリー・マシューズ。

17歳から50歳まで、プロ選手として活躍した。

マシューズフェイント!のもちろん元祖。

ボディフェイントを入れながら左足でステップイン、右アウトでボールを持ち出す、あれです。

現役時代に、ナイトの称号が授けられるほどの英雄。

ワールドカップには出場しているものの、タイトルには恵まれていない。

その彼のために、バロンドールが創設され、第1回の受賞者に選ばれました。









 三浦知良選手は、その偉大なるマシューズに並ぼうとしています。

マシューズは、食生活、起床時間など、自らをストイックに管理し続けた。

その成果で、50歳までプロ選手として1部リーグで戦った。

三浦カズさんも、同じですね。

ピッチの上で答えを出すためには、それ以前の準備が必要。

いい準備をし続けることで、自分が大好きなサッカーが出来る。

サー・スタンリー・マシューズ、三浦知良選手。

素晴らしい目標ですね
posted by プロコーチ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

守備の選手を評価しよう!

 60年の歴史で、たったの4人。

ここ10年では0人。

これが何を意味する数字だと思いますか?





 次のヒントは、人名です。

レフ・ヤシン

フランツ・ベッケンバウアー

ファビオ・カンナバーロ

マティアス・ザマー

ぴん!と来ましたか?





 まだ?ならば、最大のヒントを。

2008年以降は、2人で競っています。

クリスティアーノロナウド

リオネル・メッシ

彼ら2人がこの栄誉を分け合っています。

正解は、そう、バロンドール(FIFAバロンドール)。

黄金の球をもらう、世界最優秀選手です。










 フットボール最大の魅力は、攻撃、そしてゴールシーン。

どれだけ美しい試合を展開していても、ゴールを決めなければ勝利を収めることは出来ない。

得点を奪う、得点に関わることが出来るのは、世界でも稀有な才能。

だからこそ、彼らは表彰される。

そして、高い給料をクラブからもらっている。








 その一方、彼らが躍動出来るのは、なぜか?

チームが彼らにいい状態を作ってあげているから。

彼らのためにゴールを守り、ボールを奪ってあげているから。

良い守備が、良い攻撃につながる。

ロナウドとメッシ。

彼らだけが優れているわけではない。

もし本当に、攻撃の才能だけが試合を決めるのであれば!!

アルゼンチン代表とポルトガル代表がワールドカップを制し、ユーロやコパアメリカを制しているはず。

全く栄冠を勝ち得ていないのは、彼らだけでは勝てないことを表している。

こんなこと、言うまでもなく、読んでくださっている皆さんが分かっていることですよね。

それなのに、ノイアーや、ブッフォン、カーン。

プジョル、バレージにマルディーニ。

チームに栄冠をもたらし、チームに多大なる貢献を与えた守備の選手たち。

彼らは、バロンドールを獲得出来ていないのです。

あのワールドカップで、あのチャンピオンズカップで彼らの働きが、どれだけ素晴らしかったことか!








 スポーツは全く異なりますが、アメリカンフットボール。

NFLスーパーボールが開催されました。

200以上の国と地域で放映されるそう。

アメリカでは毎年テレビ番組で年間最高視聴率(40%越え)を記録。

ちなみに、全米歴代視聴率記録TOP10の中で9を占めるのが、スーパーボール。

フットボールとの名前がついていますが、全く違った面白さが、こちらにもありますね。


学生リーグのオールスターに選ばれた経験のあるアスリートに、教えてもらいました。

「アメリカンフットボールは、自分の特徴を活かすスポーツだ。」

「体が大きい、足が速い、頭がいい、なんでもいいから、自分の特徴を出し合って戦う」

その事を知って以来、ルールを覚え、ちょくちょくテレビで観戦するようになりました。









 今回のスーパーボールで優勝したのは、デンバーブロンコス。

そして、MVPに選ばれたのが、ブロンコスのラインバッカー、ボン・ミラー。

彼は、守備の選手なのです。

我々のサッカー・フットサルよりも、さらに分業が進んでいるのアメリカンフットボール。

守備の選手は、ほぼ、守備が仕事。

流れで攻撃になることも無くはないですが、守り、潰し、奪うのが仕事。

その仕事を抜群にこなし、縦横無尽に相手司令塔を潰し、勝利に貢献。

貢献度の高さで、守備の選手がMVPに選ばれたのです。

2001年以降、16人中4人。(2001年以降、選出方式が現在の方式に変更とのこと)

守備の選手がスーパーボールのMVPに選ばれている。









 アメリカンフットボールの試合。

花形のポジションであるクォーターバックやワイドレシーバーが試合では目立ちます。

事実、16人中12人は、このポジションからMVPが選ばれています。

得点を奪う、得点に関わる選手が目立っていることは、我々と同じです。

それでも、16年で4人は守備の選手に、最高の栄誉を与えている。

全米の2人に1人が、このスーパーボールを観ています。

もちろん、未来の選手である子供たちも、興奮して観ていたでしょう。

最高の栄誉を守備の選手が受賞したことを知った子供たち。

翌日から、「俺も将来ボン・ミラーみたいになるんだ!」と思う子供も多数いるのではないか?









 我々は、60年でたったの4人。

うーーん。

守備の選手を、もっと評価しよう!

未来の吉田麻也に西川、ノイアーにマスチェラーノにチアゴシウバ。

隠れたままで才能が眠っているかもしれませんね。







 
posted by プロコーチ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

ようやくここまで

「大人になったら、何になりたいですか?」

1位…エンジニア
2位…プロ野球選手
3位…サラリーマン

1970年、昭和45年の小学生に聞いた結果です。

また、ほぼ同時期の昭和54年だと1位はスポーツ選手。

おそらくこれは、プロ野球を意識している子供が多いことが推測されます。

時が過ぎて、12年前の2004年。

1位…野球選手(10.4%)
2位…サッカー選手(6.3%)

2000年代になっても、野球人気は健在だったようです。









 では、現在の1位は?

2015年7月〜9月に1100人の子供たちに、アンケートを行った結果、

1位…サッカー選手(13.8%)
2位…野球選手(8.5%)

野球を追い抜き、第一位。

子供は、サッカー選手になることを憧れている。

これは、6年連続だそうです。

2009年からですね。

そして、1位と2位との差は、開きつつあるようです。










 我々が子供の頃は、野球がNo.1スポーツ。

運動が出来る子供は、野球をソフトボールをしていた。

路地や空き地でキャッチボールや、三角ベース。

夜は、テレビをつければ、ナイターでジャイアンツ戦が流れる。

それが、ごくごく当たり前の光景でした。

その成果が、現在収穫されています。

WBCで世界チャンピオンの座を、2回連続で勝ち取る。

世界のトップリーグであるメジャーで、何人もの選手が活躍している。

多くの優秀な人材が野球を選択し、生き残りをかけて競争をしていた。

すそ野が広ければ広いほど、てっぺんを高くすることが出来るのです。











 今、40年前、30年前とは違います。

フットボールのすそ野が広がっているのです。

たくさんの子供たちが、フットボールの楽しみを知り、真剣に取り組む。

もちろん、代表選手の活躍、テレビなどへの露出も大きな効果があるでしょう。

多くのボランティアコーチやレフェリーの協力。

お父さんやお母さんを始めとした家族のサポート。

それら全てが、支えとなって、すそ野を広げることが出来ています。









 この素晴らしい流れを、何年も何年も続けて行きたいものです。

先人の方々の尽力があり、ここまでたどり着いている。

今の我々は、もっともっと、すそ野を広げていきたい。

いつか、その頂上が、より高い頂まで到達することを信じて
posted by プロコーチ at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

本年もよろしくお願いします。

 明けましておめでとうございます。

皆様は、良い年をお迎えになったでしょうか?

本年もよろしくお願いします。






 昨年、私自身、ありがたいことに、様々な経験をさせていただきました。

日々の指導、新たな出会い、ブラジルへの遠征、4種チームの指導、コーチ研修等々。
 
その全てが、経験値を高め、一歩また一歩と、学びの道を進めて行く力となってくれました。






 

 昨年は、8月にブラジルのトップクラブであるクルゼイロに遠征を実施しました。

10人の子供たちを連れて10日間、ブラジル・ミナスジェライスに旅立ちました。

世代別のブラジル代表を、何人も抱えるクルゼイロ。

我々日本人を、馬鹿にすることなく、敬意を持って迎えてくれました。

その素晴らしい環境で、10人の少年少女が奮闘しました。

思うようにならない、見ず知らずの場所に、合わない食事。

最初は、部屋で隠れて、日本のお菓子を食べていた選手もいるほどでした。

毎日、子供たちと全員と、マンツーマンのミーティング。

弱音を吐くだけの時間から、建設的な話し合いに変わっていきます。

子供の適応能力はすごいですね。

最終日には、堂々とした振る舞いを見せてくれていました。










 様々な経験をさせてもらった、2015年。

特に心に残った言葉をいただきました。

「サッカーそのものをしよう、サッカーそのものから離れてはならない。」

こだわりが、思い込みが強すぎて、本来の目的ではなかったものが、目的にすり替わってしまっていないか?

ボールがあって、相手がいて、ゴールがある。

相手からボールを奪い、ゴールを決める。

これが、サッカー、つまりフットボールそのもののはずです。

それなのに、「サッカーを好きかどうかが分からないコーチや選手が、数多くいる」

レベルの高いと言われている、選手、コーチであってもです。

これは、ナショナルトレセンのコーチとの会話で出てきた、言葉です。







 方法論や、その場の空気、人のしがらみ、自身の思い込み。

そのような場所からスタートすると、話がおかしくなってしまう。

「11対11から逆算して考えているか?」

「フットボールそのものが出来ているのか?」

これは、指導者もプレーヤーも、サポーターも関係者も、常に心に刻み続けるべきです。

そして、もちろん私も。

「フットボールそのものをしよう!」

これが、今年最大の目標です。







 プレーヤーとしての目標

・高い弾道のキック

・守備のステップワーク




 コーチとしての目標

・ポジティブなフリーズ

・プランニング、振り返りを日々し続ける







 小さな目標としては、このコラムの更新頻度が落ちています。

最低でも週に1度、出来れば週に2度は書いていきたい。

短くても書いていくので、お時間があれば、立ち寄ってください。

本年も、よろしくお願いします。

posted by プロコーチ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

日本式サッカー握手

 人と会った時に挨拶をする。

会釈をし、声をかわす。

「こんにちは。」や「はじめまして。」など。

気持ちの良いあいさつをかわすと、ささわやかな心持になります。

人の印象は、第一印象が大きく左右します。

しかも、最初の数秒で、(3秒とも7秒とも、10〜15秒の表記もあり)決まってしまう。

あいさつが、その人の評価を決める大きな大きな要因であると言えますね。











 我々、フットボールの世界に生きる人間の挨拶は、少し変わっているかもしれない。

コーチ同士なら、すぐ握手。

レフェリーの方もそうですね。

もちろん選手も。

試合前にも、試合の後にも、握手。

ピッチを離れても、握手。

酒の席で会ったとしても、同じく握手。

握手無しに、挨拶をするのは失礼、そんな空気が流れます。

ブラジルや欧米は、挨拶で握手やハグをしますから、その感覚でしょうか。

日本でこんなに握手をしているのは、珍しいでしょう。

政治家か、フットボール界の人間か、どちらかではないでしょうか。











 小学生の選手にも、握手は指導されています。

試合が終わったら、相手のベンチ前に行って、挨拶をします。

我々が子供の頃は、整列して礼。

「ありがとうございました。」と言って頭を下げていました。

最近、並んで、こちらに握手を求めてくるチームが増えているように思います。

丁寧に挨拶をすることは、もちろん悪いことではありません。

感謝の気持ち、ノーサイドの精神ですからね。











 ほぼ毎回、違和感を感じながら握手をさせてもらっています。

握手の作法に、全くのっとっていないからです。

私はこれを勝手に、「日本式サッカー握手」と呼んでいます。

彼らの握手は、改善の余地が大いにあります。

目線を外し、触れるか触れないかの弱弱しい握手。

何故か左手を添えて(おそらく丁寧にしてるとのアピール)握手。

コミュニケーションを取る気もなく、握手をするのが目的になっている印象を受けとってしまいます。

コーチに言われて、握手をやらされているだけ?!









 握手はどのようにするのが、マナーなのでしょうか。

国によって違うでしょうが、欧米の影響を受けての握手ですから、彼らのやり方を考えてみます。

・顔を上げて、お互いが相手の目を見る。

・目上の者が手を差し出す。

・アイコンタクトを取りながら微笑む。

・名乗ったり、挨拶などの声をかける。

・適度な力で、握り合う。

・握手は片手で行う。 









 せめて、アイコンタクトを取りながら、握手をする。

強すぎてはダメですが、適度に握る、握り返す。

その時、左手を添える必要は無い。

この程度の挨拶の作法は、コーチが指導する必要が、あるのではないでしょうか。

もし、あんな失礼な握手が身についてしまっているのなら、心配です。

将来、海外で挨拶する時に、恥をかいてしまう。

失礼な印象を、相手に与えてしまいかねない。

何よりも、感謝の気持ちを伝えたいはずですよね。

相手をリスペクトしているのですよね。

でもその気持ちは、その握手では伝わっていませんよ、大きな声で教えてあげたい。

目も合わず、左手を添える、弱弱しい握りの「日本式サッカー握手」は、やめたい!
posted by プロコーチ at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

プロ選手とアマチュア選手との違い

 プロの選手は、本当にすごい!

分かってはいたのですが、改めて、心から感じさせられました。

衝撃的な体験をしたのです。







 (自称)日本で最もレベルの高い草サッカーチームと試合をしました。

本当かウソか、J3,JFLでも通用するのでは?との噂も。

現役の選手が3・4名(アジア・ヨーロッパ各国リーグ)。

中には、スペイン2部の選手まで。

数年前まで現役の元Jリーガーが2・3名。

何とも豪華な布陣です。

こちらのチームも、現役・元を合わせると3名ほどプロ選手。

J下部出身者も数名いたのですが、、、。

試合は、20分を4本戦い、1対12だか13で大敗。

悔しいを通り越して、言葉にならない試合でした。











 少し冷静になり、思い出してみました。

一番の違いは、「体」でした。

デカい、もしくは分厚い。

さらに、強い、速い、使い方を知っている。

腕や手だけに頼ることなどありません。

それでは、通用しないのを知っているのでしょう。

一歩踏み込んで、体を相手に寄せて、ボールを自分のものにする。

体全体を使いながら、自分のボールを守る。

相手からボールを守り、奪うすべを体で理解していると言えばいいのでしょうか。

そのうえで、腕や手をいやらしく使ってくるので、対処に困ります。



スピードのリズムチェンジも、怖かったですね。

一気にスピードに乗る。

ほとんど止まったような体勢から、グイいっと加速。

予測していないと、何Mも先に、置いて行かれてしまいます。

そうかと思えば、急激に止まって、方向を変える。

車で言う、出力が全く違う。

軽自動車と、スポーツカーくらい違いイメージです。











 彼らは、この素晴らしい「体」をベースに、試合を進めて行きます。

フリーランニングが、抜群。

いいポジショニングから、フリーランニングを繰り返します。

背後に抜ける、斜めにパラのように抜けていく。

中途半端な位置に立つ。

仲間のためにスペースを空ける。

仮にボールが来なくても、何度も何度も繰り返します。

一つ一つの動きが、次のプレーの予測を基に成り立っているので、精度そのものが高い。

仮にボールが来なくても、何度も何度もフリーランニングを繰り返します。

アタッキングサードに入ってくる時の迫力は、怖いほどでした。










 そして、フリーランニングでいい状態を作り、ボールコントロール。

次のプレーがスムーズに出来る。

教科書通りのボールコントロール。

常にDFの動きを見ているので、こちらの足が届かない。

でも、ボールは運べ、パスを出せる。

そこからボールを持ち出して、シュート、ロングキック。

ファーストタッチでピッタリと収められたら、本当に厳しいですね。

待っているだけでは、簡単に決められるし、ホイホイと寄せればぶち抜かれる。

ボールの移動中にアプローチして、ミスを誘発したり、相手にとって嬉しくない間合いを作る。

基本に忠実に、それしか守る方法がない。










 ボールに対する執着心は、ぜひ見習うべきポイントです。

球際が、本当に激しい。

バチバチと、ガシガシとぶつかあり合いながら。

フルパワーで、自分のボールにしようとする。

本当に音が聞こえました。

引っ張られても、蹴飛ばされても、自分のボールは渡さない。

自分の足も、終わってみれば、アザだらけでした。

ルーズボールの奪い合いで、両足を揃えて、壁を作るのも効果的。









 なぜか縁があり、呼ばれて、この試合を2回体験しました。

センターバックを任せてもらったのですが、大量失点。

自分が通用するレベルにないのは分かっているのですが、悔しいですね。

自分の責任を果たせなかった。

ボールを受けても、気の利いたパスの一つも出来ない。

コーチングが間に合わず、自分たちにとって良い状況を作り出せない。

うーーん。







 この体験は、選手としての自分にとっても、指導者としての自分にとっても、良いものです。

勉強になったのは、やはり基本を守ること。

シンクビフォワー、ルックアラウンド。

攻守に置いて、常に予測し続けること。

頭はクールに、体は全力で戦うこと。

目の前の選手に、最後まで食らいつくこと。

当たり前のことを当たり前に続けれる選手が、最も価値の高い選手である。

それは、プロ選手の彼ら自身が、実践し続けていることでした。


posted by プロコーチ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

クラマーさんの教えてくれたこと

「フットボールは子供を大人にし、大人を紳士にする。」



「フットボールは人生の鏡であり、教科書である。」




「フットボールには人生の全てがある。

 特に男にとって必要な全てがある。」




「グラウンドはフットボールをするだけの場所ではない。

 人間を磨く場でもある。」


「試合終了のホイッスルは、次の試合へのキックオフの笛である。」




「練習は何のためにするかを考えてほしい。欠点や弱点を直すためのものだ。
 
 直らなければ、他の予定を止めてでも、その練習を徹底的に続けるべきだ。

 時間割通りの練習は統制が取れているようだが、機械的で練習上手になるだけだ。

 試合から離れてしまう。個性もなくなる恐れがある。」




 (見事なリフティングを見せた後で)
「リフティングは余興でやるものだ。サッカーとは何の関係もない。

 ボールリフティングをすれば、サッカーが上手になるわけではない。

 イタリアには一度に5個のボールをリフティングする人間がいたが、プレーはダメだった。

 勝つことに結びつかない技術には意味がない。」を




「建築物は、基礎を固めてこそ、その上に立派なものが建つ。

 基本がしっかりしていないものは、いつかは崩壊する。

 だから、一番基本となるインサイドキックを鍛え直す。」




「フットボールは11人のチームプレーであること。」



「ボールを正確に扱うこと、戦術はその後である。」



「ドリブルしながら、40M先を見ていれば、どこにスペースが空いているかが分かる。」



「ヤマト魂はどこにいった?君たちにヤマト魂はあるのか?」



「ドイツ的な解釈かもしれないが、ヤマト魂とは、
 

 克己心や苦痛に耐える心、弱みを見せないたくましさ。」




「フットボールはトイレのサンダルと同じ。

 用をした後、揃えてなければ、次の人はどうなる?

 フットボールは思いやりだ。

 パスを受ける人の立場になって、受けやすいボールを出すことから始まる。」



「いい結果を出そうとすれば、いい準備をしなければならない。」



「ルックビフォア―、シンクビフォア―、ミート・ザ・ボール、パス&ゴー」

  

「ボールコントロールは、次の部屋に入るカギだ。

 このカギがあれば、フットボールというスポーツは、全て出来るようになる。」




「ストライカーは殺し屋のように冷静でなくてはならない。」




「コーチに言葉はいらない。

 100の言葉よりも、たった1回の見事なコーナーキックが上回る。」





「勝ったときに友人は集まる。しかし本当に友人を必要とするのは敗れた時である。」



 デトマール・クラマーさんが亡くなりました。

日本のサッカーを大きな土台を築き上げてくださった、名コーチです。

クラマーさんの教えは、50年たっても色あせることはありません。

今なお、真実であり続けます。

単なるコーチというよりも、人生の師、日本サッカー界の師である存在ではないでしょうか。

単なる選手を育てるのではなく、人間そのものを育てるためには?

この部分を追及していたのではないでしょうか?

参考になるクラマーさんの教えを最後に紹介して、結びにさせてもらいます。



「上達に近道はない。あるのは不断の努力のみである。」



「フットボールにおいても、人生においても積み重ねが完璧を作る。

 小さな努力を毎日積み重ねることが大切だ。

 ボールをもっと可愛がれ。

 ボールを嫌えば、ボールも君を嫌う。

 ボールになじみ、ボールから事由になれ。」




「出来るか出来ないかではなく、するかしないか、その強い気持ちだ。」



「物を見るのは精神であり、物を聞くのは精神である。

 目そのものは盲目であり、耳そのものは聞こえない。」



これだけ真剣に取り組めば、大人を紳士にしてくれるでしょう。

私は紳士にはほど遠いので、もっともっとクラマーさんの教えを学ばなければ!

ご冥福をお祈り申し上げます。
posted by プロコーチ at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

ペラドン

 草野球。

草サッカー。

草試合。

草なんちゃらを見れば、その国のレベルが見えてくる。

日本の草野球のレベルは、相当高いでしょう。

一般人のキャッチボールレベルもです。

ほとんどの成人男性が、スムーズにキャッチボールをし、草野球を行える。

世界一を真剣に目指せるスポーツは、理由がある。









 そして、草サッカーからは、その国の文化やお国柄、人間性も見えてくる。

不思議なものです。

普段は隠している、人間の素の部分が、あらわになるからでしょうか。

ユニフォームも揃っていない。

ピッチも正規サイズではない。

時間ももちろん、90分ではなく。

集まった選手がチームに分かれて、試合を行う。

ただそれだけのことなのですが、これほど面白いものはありません。










 先日のブラジル渡航で、草サッカーをしました。

向こうの言葉では、ペラドンでしょうか。

ただし、プロクラブのスタッフ同士で行うペラドンです。

元プロ選手、現役コーチ、警備員、など。

もちろん相手は全てブラジル人。

そこに、私と、通訳のブラジル人とが混ざりました。

少し小さめのピッチで、9対9。

日本人として、負けるわけにはいかない!

気合十分で、試合に臨みました。









 いやー、面白かったですよ。

誰もが、自信満々にプレーしている。

ボールタッチは固い、動きも良くない選手も正直いました。

それでも、ボールを受けるや、スッと体を起こして、堂々とボールを保持します。

全員が、同じように、堂々としています。

この自信は、どこから来るのでしょうか?

ボールを奪われたとしても、失敗しても変わらない。

また、次のシーンでは、堂々とプレーしている。

このメンタルは、日本人にも欲しい心境なのでは?感心しながらプレーしていました。







 例えば、100キロを超える巨漢選手。

施設の屈強な警備員。

肩で息をし、明らかに苦しそうです。

でも、少しボールを動かしながら、ルックアップ。

相手を十分に引きつけて、スッと股抜き。

しかも、4回ほど繰り出しました。

ここなら奪われないという、自分の間合いを、ハッキリと理解しているのでしょうね。






 GKコーチも、左サイドで、ゆうゆうとボールキープ。

スピードはあまりないと思い、私は、一気に間合いを詰めました。

寄せてきた私を見た瞬間、体を少しだけずらして、ボールを私から遠い位置にコントロール。

と同時に、一気にスピードアップ。

見事な緩急の変化に、数Mほど前に行かれてしまいました。

必死で食い下がり、追いつきましたが、簡単には奪わせてくれません。

このリズムの変化、対DFのスキルの高さは、何なのでしょう?








 そして、特筆すべきはシュートの上手さです。

かなり高い確率で、シュートが枠に飛んでいきます。

インステップで強いシュート!は、ほとんどありませんでした。

ボールを少しずらして、DFの陰からシュート。

GKの手の外から、巻いてシュート。

無回転のブレ玉で、シュート。

キックフェイトでGKを寝ころばせて、軽く浮かせてシュート。

様々なシュートを見せてくれました。

そのほとんどが、枠に飛んでいきます。

シュートのアイデア、それを実行する技術、支えとなるメンタル。

改めて感服しました。










 ペラドンは、夕暮れになっても続きます。

40分以上ぶっ通しで試合しています。

と、その時、接触をめぐって、いざこざが起こりました。

その前から、軽い言い合いをしていた二人だったのですが。

そこから、もめごとはヒートアップ。

つかみ合いにならんばかりの勢いで、二人が顔を近づけています。

「お前がわざと足を蹴った」、「いやお前が先だ」つまらない争い。

周りの選手が止めにかかりますが、二人の熱は収まる気配がありません。

二人を全員でなだめて、一度ピッチの外に連れ出しました。

そこで、まさかの試合終了。

なんともブラジルらしい?幕切れ。









 草サッカーでも、真剣勝負。

負けず嫌いが集まっていて、目の前の選手に負けたくない。

一人一人がサッカーに対する、熱いこだわりを持っている。

熱すぎて感情のコントロールを失敗してしまうこともある。

これもブラジル人らしいです。

草サッカーでは、やはりその国の国民性、サッカーのレベル、その人そのものが映し出される。

これは間違いない事実です。

何ともいい体験をさせてもらいました。
posted by プロコーチ at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

シンガポール戦を観て

 何とも、歯がゆく、残念な試合観戦となりました。

0対0。

試合開始前の高揚感、期待感がどこかに吹き飛んでしまいました。

また、ブラジルワールドカップ後の、もの悲しい空気に逆戻りしてしまうのでしょうか。

試合後の、解説、ニュースなどを見ても、批判に包まれています。









 私は、それらとは少し違う見方をしています。

日本代表の置かれている立場を確認しましょう。

日本は、1998年から5大会連続でワールドカップに出場しています。

これは、アジアの中ではトップレベルにいることを意味します。

こちらが主導権を握りながら試合を進めれる、いわば、王様です。

今回のシンガポール戦のように、相手が守備を固めて、カウンターに勝機を求めることも多々起こります。

アジアカップの準々決勝では、UAEに、分厚い守備からのカウンターで敗れてしまいました。








 アジアという地域。

世界のフットボールシーンで考えると、3番手、4番手グループに位置しています。

いくらアジアにトップに立っても、世界に出ると、厳しく、苦しい戦いが待っています。

アジアの王様は、世界に出ると、立場が変わってしまいます。

こちらが一方的に攻め込んで、試合を進めれることがどれだけあるのでしょうか?

むしろ、我慢して、我慢して、一瞬のチャンスにかけるのが、日本代表ですよね。

アジアでの戦いに必要なチームは、ボールを支配し、相手を圧倒しながら勝利を目指すチーム。

世界での戦いになると、固い守備、鋭いカウンターが必ずや求められる。

2種類の異なる戦いを、高めていかなければならないのです。










 ハリルホジッチ監督が追及しているのは、世界向けのチーム作りといえるでしょう。

選手全員が、組織を作って、ボールを奪うべく、戦い続ける。

ボールを奪って、縦に速く持ち出す。

縦に当てて、選手が飛び出していく。

ボールを奪ったら、少ない要素で、一気にゴールに迫っていく。

彼が率いていた、アルジェリア代表は、まさにこの試合運びでベスト16に進出しましたよね。

日本代表の現在の力を考えると、同じような戦い方が、理に適っていると思います。










 今回、失敗してしまったのは、アジア仕様のチーム作り。

アジア仕様のチーム作りは、今までの蓄積があります。

あまり、心配する必要は、ありません。

どのようなレベルで、何を求めていけば、よいのか?

アジアの戦いを勝ち抜き、ワールドカップの出場権をつかめるのか?

後ろの選手、DFもボランチも、攻撃から物事を考えていく。

ボールをポゼッションしながら、相手のスキを狙う、相手の組織に穴を空けていく。

遠藤、中村憲剛選手のような、守備よりも、組み立てで力を発揮するボランチ。

彼らの力が、必要になるかもしれない。










 試合で気になったことは、サイドに展開するボールの質です。

各駅停車で、一つずつボールをつないで、サイドにボールを送ることが多かった。

前半は、ほぼこの形。

すると、いくらサイドにボールが行っても、相手のスライドが間に合ってしまう。

一つ飛ばして、二つ飛ばして、展開する組み立て。

相手がスライドするよりも、速くサイドにボールを送り込みたい。

低く、速い、正確なパスをもっともっと見たかった。

そうすれば、大好きな中央のコンビネーションでの崩しも、やりやすくなるでしょう。



 さらには、サイドにボールが行ったからと言って、全部前に行く必要はないはず。

深いところまで攻めておいて、一度下げて、攻め直す。

これを何度も、何度も繰り返していく。

そうすれば、相手の守備組織は崩れ、下がりやすい。

ところが、一度サイドにボールが行けば、クロス、クロス。

何とも工夫のない攻撃が多かった。

このあたりは、アジア仕様のチームとしての改善点として、必要な部分だと思います。
 
posted by プロコーチ at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

6倍の壁に敗れる

 サッカー選手の育成期における、フットサルの有用性について。

私は、いわゆる小学生の年代においては、是非!フットサルをプレーすべきだと考えています。

ボールに触る回数の多さ、局面の変化のスピード、プレーへの関わりの頻度の高さ。

ぎゅーーーっと、11人制(8人制)を濃縮したものが、フットサルでは経験することが出来ます。

フットサル日本代表監督のミゲル・ロドリゴはいつも講習会で語っています。

「フットサルは、サッカーの6倍もプレーの回数がある」

だから、神経系を刺激すべき年代の子供にとっては、有用なのだ。

とても、論理的な考え方だと思います。







 ところが、育成世代でフットサルをプレーすることについては、賛否がいまだに分かれています。

特に、サッカーを古くからやっている指導者が、毛嫌いしているような感があります。

私のように、サッカーもフットサルも指導させてもらっている人間からすると、???

理解できない部分ではあります。

「スペースが無いところでプレーをするので、顔が上がらなくなる、遠くを観なくなる」

「はねないボールでプレーすると、サッカーから離れてしまう」

「ルールが異なるプレーになれてしまう。」











このような異論・反論は、いちいちごもっともです。

オフサイドはないし、ボールは弾まない。

コートは狭く、奥行も幅もスペースは限られている。

人口密度は高く、ゆっくりルックアップしている余裕はない。

全体が見えず、局面の積み重ねのプレーになってしまう選手もいるかもしれない。

弾んでいるボールのコントロールに苦しむ子供が出てくる恐れもあります。










 先日、バーモントカップ(全日本少年フットサル大会)の都道府県予選に出場してきました。

まずは、グループリーグ3戦の戦い。

ここを2位以内で通過できれば、決勝トーナメントに進出できます。

結果からいうと、1勝2敗で3位。

2試合目で、もう1点取れていれば、勝ちぬけれていたのに!!

何とも悔しい戦いでした。

同じグループから勝ち上がった2チームは、その後も勝ち上がり、ベスト4進出。

振り返れば、かなり厳しいグループだったようです。









 

1試合目は快勝、2試合目は逆転負け、3試合目は大敗。

試合が進むにつれて、選手の足が止まってきてしまいました。

選手同士のつながりも薄れ、パスもつながらず、ドリブルも効果的に使えない。

パッと見には、体力切れにも見えてしまう。

2試合目の途中から、その現象は起こっていました。

選手たちを観察していると、足が止まったのは結果に過ぎないことが感じられます。

それよりも、頭が疲れてしまった。

キャパシティーを超えた脳の活動が、負担になっている。

走っているのですが、反応が鈍い。

相手の動き、ボールに対して、受け身になってしまい、主導権を握られてしまう。

シンクビフォワーが、プレーする前に考えることが、全くできていないのです。









 これが、ミゲル監督の言う、6倍のプレーによる疲れなのかもしれません。

足が止まったように見える選手たちは、フットサル歴の短い選手から止まっていきました。

ポテンシャルは高く、普段のサッカーでは大活躍している選手たち。

20分ハーフの試合を、1日に2試合戦ってもヘッチャラな選手たちなのですが。

今回のバーモント予選は、前後半合わせても20分無いのです。

しかも、ランニングタイム。

つまり、体力的な問題ではなく、精神と脳みそへの過度のストレスに慣れていないからではないでしょうか。

一方、何年も私のスクールでトレーニングしている選手は、このストレスへの耐性が出来ているようです。

ハイテンションで試合を継続的に戦うことができるようになっているのです。

なんとも素晴らしい成長ではないでしょうか。









 育成年代における、サッカーとフットサルとの相互プレーを批判する指導者の皆さん。

この姿をぜひ見てもらいたかった。

頭も体も、休むことが許されないフットサルの戦い。

これこそ、日本選手全般に求められている、高いインテンシティのプレーにつながっていく。

「集中しろ!」「声を出せ!」

そのような声掛けをするまでもなく、強度がドンドン高まっていきます。









 次のステージに連れて行ってあげれば、さらに良い体験が出来たのに。

多くの反省が、思い浮かびます。

悔しい思い、うれしい思い、届かなかった気持ち。

その全てが、子供たちの未来の糧になってくれるでしょう。

彼らの将来が、とても楽しみに見えた1日でした。
posted by プロコーチ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

適性を考える

 アギーレ監督が解任されました。

予想されていたこととは言え、残念です。

試合での堂々とした振る舞い。

戦い方のバリエーション豊富さ。

世界のトップシーンを知る経験。

前任者にはないものを持っていたように感じていました。

八百長疑惑に、アジアカップの早期敗退で決定でしょうが、、。










 何人もの、後任候補が上がってきています。

オズワルドオリベイラ、ストイコビッチ、レオナルド、レヴィークルピ。

現時点で本命視されているのが、ルイスフェリペスコラーリ。

前ブラジル代表監督で、元ジュビロ磐田の監督。

いずれも、日本での経験がある人選ですね。

本当のところは、どうなのでしょうか。









 アジア・アフリカの代表監督には、特殊事情があります。

世界の市場から、外れてしまう。

4年間も、フットボール後進国で過ごすと、忘れられてしまう。

さらに、日本代表監督のサラリーは、そこまで良くない。

1年2億は、トップトップを呼ぶには足りないようです。

世界のトップは、10億円を超えてきますからね。

したがって、日本とつながりがあり、愛着をもってくれている。

もしくは、元トップレベルの監督。

このどちらかになってしまうのは、ある程度しかたのないことなのでしょうか。








 一方で、成功例もあります。

10年前のジェフ千葉。

彼らは、わらしべ長者のように、どんどん良い監督との契約を結んでいきました。

ベングロシュ、スデンコベルデニック、そしてオシム。

ベルデニックも、今の日本で捕まえることは出来ないランクの指導者です。

ましてや、オシムなどという、名将を連れてきたのは、奇跡に近いことでしょう。

当時の祖母井GMのパイプと尽力あってこそ。

それでも、彼が日本に、このクラスの監督を連れてきた事実。

同じことを日本サッカー協会が出来ないとは、言えませんね。









 このように考えると、代表監督としてのオシムも、素晴らしかったですね。

クラブレベルでは、オーストリアの1チームを、チャンピオンズリーグで躍進させる。

代表監督としては、旧ユーゴをベスト8に連れていっている。

そして、フロントとしても、ボスニアヘルツェゴビナを一つにまとめ、内紛を鎮めた。

教育者として、選手の能力を高める。

有能な選手を選んで、送り出す。

わがままな選手をコントロールする。

選手の気持ちを高めさせ、試合で能力を爆発させる。

冷静に状況を見極め、局面を打開する。










 私は、日本代表の監督には、選んで送り出すタイプの指導者は向かないのではないかと考えています。

いわゆる、セレクタータイプ。

仮に、やる気を高めるモチベーターとしての能力があっても、同じことです。

アジアレベルでは、それで良いのかもしれませんが、目標はその次にあります。

まだまだ日本人は、世界のトップとは経験の差がある。

その差を埋めてくれる、水準を引き上げてくれる能力。

つまり、教育者として育てる能力が必要だと思います。











 さらに、世界を知っていること。

オシム監督時代に、何度も見られた光景を思い出してください。

選手が、湧き出るように、仲間を追い越して走っていく。

攻守の切り替わりが速く、守りながらも攻めが始まっているかのよう。

選手が、フリーランニングを、何度も何度も繰り返すのが当たり前でした。

集団で戦い、相手よりも走るスタイルを日本に求めていました。

まるで、5年・10年後の世界を予測していたかのようです。

今や、走らずに足元でボールをつなぐチームに勝機はありません。

足元だけでボールを保持していては、あのスペインでさえ勝てないのですから。











 
 スター選手の扱いに長けているのが特徴のブラジル人監督を選ぶのは、疑問です。

彼らは、選手を見る目に長けていますから、選手を発掘することはしてくれそうです。

求めているのは、世界を知り、日本を尊重し、教育者であること。
 
そのような人材がもしいれば、アギーレ監督の後任としては、最高なのですがね。

年齢、健康上の理由から、オシム監督再任!ということはないでしょう。

16年越しのベンゲル!はどうでしょうか。

ストイコビッチ監督になるなら、オシム総監督就任をセットにしてもらいたいです。

日本の未来を託すのですから、焦って貧乏くじをつかまされることのないことを祈ります。

posted by プロコーチ at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

トレンドはUAE

 日本がアジアカップで敗退しました。

同時に、コンフェデ杯の出場権を失ったことを意味します。

戦い自体は、悪いものではありませんでした。

決めるところで決めていれば。

簡単に勝てた試合だったかもしれません。

とにかく、シュートが枠に飛ばないですね。

日本のアタッカーは、ドリブルやリフティングばかりをして育ったのでしょうか。

ボールを運ぶ技術に比べ、キック、ヘディングの精度、強さが、、。









 アギーレ監督は、歴戦の強者ですね。

前任者に比べて、攻撃時のオプションが豊富です。

相手の足が止まったら、武藤というスピードのあるアタッカーを出す。

ラインの位置が低くなれば、ヘディングの強いFW豊田でパワープレーも。

中盤を活性化させるために、運動量が多く、得点力のある柴崎。

的確な采配は、さすがです。

ただ、長谷部がサイドバックを出来ることを知らなかったのでしょうか?

延長前半に、長友の足が壊れる。

長谷部を右サイドバック、酒井を左サイドバックに回し、長友をFWで休ませる。

この発想があったサポーターは、少なくないはずです。











 2010年ワールドカップから続くトレンドを、的確にとらえていたのがUAEでした。

偶然なのかもしれませんが、現代の代表チームの組織作りをしていました。

それは、代表チームのクラブ化。

年間を通して活動するクラブチームのように、時間をかけてチームを作っていく。

選手同士が、選手と指揮官とが、何を考えているの分かっている。

攻守にわたって、多くの選手が関わり合いながら、連動していく試合。

それを達成するためには、代表チームのクラブ化が不可欠なのです。

2010年のスペインは、活動期間の長さに加え、レアル+バルサ。

2014年のドイツは、育成世代からの積み重ねに加え、バイエルンミュンヘン。









 UAEは、2008年にU-20の大会で、アジアを制しています。

そのまま翌年のU-20ワールドカップでは、ベスト8。

その主力が、現在のフル代表を構成しているようです。

お互いが何を考えて、何が出来て、何が出来ないのか?

分かり合っている者同士、それが今回のUAE代表。

さらに、憎いくらいに落ち着いたPKを決めた、タレントもいますね。

完全に、一つのクラブチームであるかのようです。









 日本は、UAEと同じ方法を取ることは出来ない。

そして、スペインやドイツ代表と同じ方法を取ることも出来ない。

中南米の代表チーム、アフリカの代表チームの強化方法が参考になるはずです。

彼らも、自国リーグには、主力選手が残っていない点では、日本と同じ状況。

その手法をよく知っている、アギーレ監督。

そういった面からも、日本代表の監督には適任ともいえます。

厳しい非難、解任論が出るかもしれませんが、私は我慢して彼にチームを作ってもらいたい。
posted by プロコーチ at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

継続し続ける

 昨年は、ブラジルのトップクラブであるクルゼイロと仕事をさせてもらいました。

そして年末には、スペインのS級コーチと仕事をさせてもらいました。

フットボール大国である彼らの蓄積しているものは、とてつもないものがありました。

自分にはない発想、厳しい基準、そしてフットボールを真剣に捉える心。

貴重な、貴重な勉強をさせてもらいました。








 さて、自分に何が出来るのでしょうか?

まず、自分に出来ることは、そこで得た知識や経験を、日々の指導に還元すること。

自分の内に収め留めるのではなく、惜しみなく発揮すること。

もちろん、そのままを出しても、伝わらない。

目の前の選手にアジャストしていく、アレンジ能力が必要ですね。







 今年も、クルゼイロとお仕事をすることになりそうです。

昨年の活動を通して、彼らから信頼を頂いています。

スペインのコーチからも、幾つかの宿題を頂いています。

宿題を白紙で出すわけには行きませんよね。

その信頼に応えるパフォーマンスをしたい。









 私が今あるのは、20年近くの指導に携わってきた選手やスタッフのおかげです。

突然何かが生まれたわけではないのです。

背伸びせず。

見栄を張らず。

目の前の選手に対して、ウソをつかない。

一つ一つの積み重ねが、自分を育ててくれたはず。

去年、一昨年と、立てた目標があります。

「1mmUPのコーチング」

今日は、昨日より、ほんの1mmでも向上するように。

1年を振り返った時、365mm高い位置にたどり着いているのか。

自分との勝負を、継続して行きます。








 個人的な目標としては、体力レベルを維持・向上させたい。

全てのベースとなる、有酸素低強度のトレーニングをすること。

自分の体を自在に動かすための、ファンクショナルなトレーニングをすること。

プレーする喜びを、持ち続けれるために!







 今年も一年、よろしくお願いします。
posted by プロコーチ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

この数字の差が意味するものとは。

 日本代表U-19が、アジア最終予選で敗退してしまいました。

劇的に韓国を倒したの時は、行ける?!と感じたのですが。

残念ながら、北朝鮮にPK戦の末、敗れてしまった。

これで、3大会連続、世界大会への切符を逃してしまいました。







 世界大会の切符を逃すことは、成長のためのステージを用意できないことを意味しています。

同世代の海外の強国との、真剣な戦い。

今まで多くの監督さんが、コメントで残しています。

「この大会で選手が成長した。」

「1試合ごとに、選手がたくましくなっていった。」

親善試合では得られない、ヒリヒリとした、厳しい戦い。

若い世代には、最高の刺激となって、成長を促してくれるのでしょう。

今回の敗戦で、その貴重なステージを3連続で逃してしまった。

あまりに大きな損失と言えるのではないでしょうか。








 今回のメンバーを見ていると、単純に気づくことがあります。

圧倒的に、J下部組織出身選手が多いのです。

敗れた北朝鮮戦では、先発11人の中で9人。

JFAアカデミー出身の選手が1人。

高体連出身の選手は、オナイウ選手たった1人なのです。

これは、現代の育成の傾向を、そのまま表しています。

いい選手、プロを目指す選手、天才と呼ばれる子供たち。

彼らは、小学生、中学生から、J下部チームに加入します。

恵まれた環境、効率の良い最新のトレーニングで、すくすくと才能を伸ばしていきます。

その結果、育成世代の日本代表選手は、下部組織出身選手が占めることになるのです。








 ところが、ワールドカップを戦う日本代表選手となると、話が変わってきてしまいます。

何度もここで書いていますが、その数が逆転します。

ブラジル大会でも、まだまだ少数派になってしまいます。

主力選手では、柿谷、山口選手くらいでしょうか。

香川選手が街クラブ出身。

残りは、高体連で育った選手が、ワールドカップを戦いました。

この傾向は、アギーレ監督になっても続いています。

23人中、8人しか下部組織出身選手は選ばれていません。

増えては来ていますが、まだまだ少ないのです。










 フル代表と、育成世代の代表チームにおける、逆転現象。

この数字の意味するところは何なのでしょうか?

明らかに、育成世代の優れた子供たちは、J下部組織に集まっています。

それなのに、まだまだ、育ってきていないのでしょうか?

このギャップを考えることが、日本代表を真に強くする一番のポイントではないでしょうか。

監督を変えることよりも、長い目で、この問題に取り組んでいくこと。

それが、日本代表の強化にもつながるはずです。

posted by プロコーチ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

整然と変化させる

 2010年のメキシコ代表の戦いを確認してみました。

アギーレ監督が率いるメキシコ代表の、ワールドカップの戦いです。

私は、現地でメキシコの戦いを2試合観戦しました。

グループAの最終戦、対ウルグアイ。

決勝トーナメント1回戦、対アルゼンチン戦。

残念ながら結果は2連敗。

メキシコの良いところを見ることは出来ませんでした。








 

 日本でも語っているように、全ての選手が走り、戦います。

少しファールが多いかな?と思いますが、戦っている証拠とも言えます。

戦う集団ですが、賢く試合を進めます。

印象に残っているのは、戦い方の変化です。

スタートとなる並びは、1−4−3−3で初戦、2戦目を戦う。

3、4試合目は、1−4−3−2−1のクリスマスツリー。

自分たちの状況に合わせて、何事もなかったのかのように、システムを変更しました。








 そして、この並びは、スタートポジションにしか過ぎない。

例えば、1−4−3(逆ピラミッド型)−3で戦った試合。

守備的MFの位置に、1人、ラファエルマルケス選手が入ります。

バルセロナでも活躍した、あのマルケスです。

彼がこの戦い方でのキーになります。

センターバック、守備的MFの両方で、キャリアを築いたのが彼。

止める蹴るのレベルは、中盤でプレーする選手としてもハイレベル。

DFラインを統率しながら、厳しいマークで相手を封じる。

メキシコ代表のアイコンとして、長らく君臨していたスーパースターです。









ビルドアップの時に、CBとCBの間に落ちていきます。

CBはこの動きにあわせて、サイドバックのようにグイっと開きます。

後方を気にしないで済む、SBは両方同時に高い位置まで上がります。

完全にプレーはイケイケのウイングですね。(アギラールと、サルシード)

彼らは全盛時のバルセロナのSBよりも高い位置でプレーしているかもしれない。

アタッキングサードで、崩しのプレーの一翼を担う。

一翼どころか、サイドにおいてはメインキャラクター。









 両ウイングは、中央に絞って、ペナルティエリアの幅でプレーします。

サイドアタックよりも、フィニッシュが求められている。

ベラとドスサントスが積極的にゴールに向かってプレーをします。

CFは古典的なプレーを求められる。

体を張って、起点を作る。

ロングボールもかなり使う(メキシコにとっては)ので、ボールを収める能力が大切です。

さらに、フィニッシュまで。

大型で、ゴールに向かうことが出来る選手がCFには求められるようです。

中盤の2人は、つなぎも出来、潰し役も平然とこなす。

華麗なプレーよりも、堅実で、忠誠心の厚い選手でしょうか。









 これらの動きを司るのが、ラファエルマルケスの動きといってもいいかもしれない。

彼のポジショニング。

中盤に残るのか、最終ラインに入るのか?

かなり、裁量権を任せられているように感じました。

それは、攻撃の局面でも、守備の局面でもです。

高精度のロングパスは相手にとっては相当の脅威。

セットプレーでは、ヘディングでゴールも決めてしまう。

日本代表で言うと、森重選手がこの役割を担うのでしょうか?

様々な選手を試しながら、マルケス選手役を探していくのかも知れません。

CBであり、守備的MFであり、その双方をハイレベルでこなす選手を。





 整然と変化させながら、目の前の状況に対応していく。

一人一人の選手が、戦術的な判断を下しながら。

しかも、チームのために走り、戦う。

美しくはないですが、チームとして戦っていた。

それが、南アフリカでのメキシコ代表でした。

残念ながら、誤審をきっかけに崩れてしまいましたが、、。

さて、我らが日本代表は、どのように変化させれるのでしょうか。

森重選手(このポジションに入る選手)の動きが、一つキーになるのは間違いない。
posted by プロコーチ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

主導権を握るのが

 アギーレ監督の初陣が間近です。

前回、誤訳について取り上げました。

著名なサッカーライターの方と話もしました。

通訳を挟むと、このようなことは、よく起こりうることである。

そんなに大きな問題ではないですよ。








 私は、そうは思いません。

なぜなら、最も大切であろう部分の取り違えが起こっているからです。

「守備を固めて試合を進める」

この部分が強調されているように感じます。

アギーレ監督が、資金的に余裕がないチームを指揮していた頃。

間違いなく、堅守速攻のチーム作りをしていました。

そのころのエピソードを紐解いて、日本代表でも!というミスリードがなされている。








 彼が語ったのは、攻撃から守備の切り替わりの局面。

守備の局面の話ではありません。

失った後、人数をかけて素早くボールを奪い返す。

グアルディオラ監督率いてた時代の、バルセロナのように。

ボールを保持するスタイルならば、奪われた後の切り替わりが重要になる。

相手陣地で試合を進めるために、出来るだけ早く、高い位置でボールを奪い返したい。

アギーレ監督が語ったのは、ここです。








 さらに、真剣に守備を固めるチームを作るのであれば、日本協会は契約していないはずです。

日本には、「ジャパンズ ウェイ、JAPAN's WAY」という日本が目指すべきスタイルがあります。

若年層から、取り組んでいるスタイル。

それは、強い組織を構築し、主導権を握り、攻守にアクションするサッカー。

決して、リアクションスタイルで、閉じこもるのはジャパンズウェイではない。

2014のワールドカップで、アルジェリアやギリシャが見せたスタイル。

堅守速攻で、我慢を重ね、一定の結果は残しました。

ただし、主導権を相手に与えてしまっています。

この戦い方は、日本が目指すべき方向性ではないはず。








 ウルグアイ戦、ベネズエラ戦、ブラジル戦と、南米の強豪国との試合が続きます。

その中で、どのような戦い方を見せてくれるのでしょうか。

ヒントとなるのは、2010年ワールドカップのメキシコ代表の試合運びです。

アギーレ監督のスタイルを理解したいなら、一度は見ておく必要がありますよ。
posted by プロコーチ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

アギーレ監督就任会見を全文掲載します。

 私の同僚が、アギーレ日本代表監督の就任会見を全訳してくれました。

同僚は、数年間スペイン語圏に(スペイン、メキシコ、アルゼンチン)に留学。

JFAのコーチライセンスは、C級を保持しています。

フットボールのちしきとスペイン語の両方をある程度理解出来ている。

その同僚が言うには、現在流布している訳は、アギーレ監督の本意ではないのではないか?!

「守備を固めて勝利を目指す!」とは語っていない。

システムについて語っている部分も、主旨とはズレてしまっている。

もっとも彼が重視している部分も伝わっていないのではないか?

少し長いですが、一読ください。

どう感じますか?






アギーレ監督就任会見全訳

基本的にアギーレ監督のコメントは僕の訳です。
通訳の訳は僕が考えている訳と大きく違った場合の時に書いてあります。y
例の守備を重視すると訳された所はスペイン語も書いておきました。なぜ違うか理由も書いておきました。
原と大仁への質問は割愛しました。よろしくお願いします。

□.質問者。1人で複数質問あり。
■通訳
A.アギーレ監督

◇アギーレ監督就任記者会見
A皆さんこんにちは。まず最初に日本サッカー協会大仁会長、原専務理事に感謝したいと思います。今回、日本代表監督に就任できたことをうれしく誇りに思います。本当にありがとうございます。4年前の南アフリカ大会の後にも日本からコンタクトがありましたが、当時は私の息子がまだスペインの大学で勉強しているなどの私の個人的な理由で日本に来ることが出来ませんでした。そのあとスペインで働いていたのですが、ブラジル大会の後、再度日本からコンタクトがありまして、交渉し合意に至りました。今回この偉大な国の偉大な代表を率いる機会をもらったことにとても満足し、感謝してます。2018年のロシアワールドカップに出たいと思っいてます。そしてもちろんオリンピック代表にも関心がありますし。日本代表を競争力のあるチームにしていきたいと思っいてます。もうすでにこの仕事は始まっていて、9月5日にはウルグアイ戦があります。準備のための時間は少ないですが、私はやる気に満ちてます。今日の皆さんのご出席に感謝します。

□選手選考で重視する点は?
言葉の面で苦労すると思うがどう思うか


一番目の質問に関しては代表に入る意欲があり、国を背負っているという気持ちがある選手を呼ぼうと思ってます。試合で頑張ることが出来、個人の資質をチームのために生かせる責任感のある選手が私たちのチームにいることになるのだろうと思います。
二番目の質問なんですが言葉についてはそんなに大きな問題ではないと思います。
なぜならサッカーではボールが共通語だからです。また通訳の方の一緒に解決できる問題ですので、そんなに重大だとは思っていません。

□世界のトップの国と日本の差は何か?
どれくらいか?埋めることが出来るのか

A世界のトップというのはブラジルやドイツやイングランド、イタリア、スペインといった4〜5カ国だと思います。それらの国が他の国と大きく違う点は国際的なタイトルを取ったことがあるということです。それが大きな違いです。例えば、オランダはとても強かった時代がありましたがタイトルを取ってません。だから日本と他の多くの国が同じ状況にあると思います。リーグの強くなったり、弱くなったりなどのいろいろな事も関係してくると思いますが、日本と世界のトップとの大きな差はタイトルを取ったことがあるかないかだと思います。まだ日本は高いレベルにはないかもしれないがそれらの国々に可能な限り近づくのが私たちの目標です。

□ブラジル大会の日本の試合を見たと思うがなぜ勝てなかったのかと思うか?

Aはい、日本の試合はメキシコのテレビ局の仕事でブラジルにいたので見ました。
過去に関してコメントするのは難しいです。なぜなら他の監督の事ですし、私のコメントが誤訳や誤解されるのが嫌だからです。今から日本をどの試合でも、どの相手に対しても戦える競争力のあるチームにする。それが私の考えです。

□1日本の代表監督引き受けるにあたってどの点が魅力的だったのか?
2日本を強くするために戦略は?

1に関しての答え
A私にとって日本のオファーはロシアでのワールドカップに行くというプロジェクトの内容からとても真剣で魅力的に思えました。また南アフリカ大会の後に初めて会い、また4年後に再度オファー出してくれたことはうれしかったですし、それがプロジェクトの真剣さや組織として優秀であることを示してると思います。
o
2に関して答え

El jugador japoés tiene unas caracteristicas parecidas al mexicano, que podemos explotar que intentaremos que juegue bien con la pelota intentaremos saber atacar bien ser un equipo equilibrado que tenga una buena difenza que todos se cmprometan recuperar la pelota lo antes posible basicamente sobre todo compromiso que todos tengan un mismo objetivo .


■日本のチームに関してコメントするのであればとてもメキシコのプレースタイル
に似ているんじゃないかなと思ってます。例えばボールのハンドリングですとか、あと、試合最中の均衡と言いますか、バランスの考え方。それからディフェンス。とにかく守備に力を入れると。ですので、自分は守備を固めて勝利を目指したいと思っていますし、それを目標としてます。ただここでも言いたいのはボールというのが非常に重要だと思っています。ボールというのはどこの試合でも選手の前にあるものです。ですからそのボールを共通語に選手たちには競争力を高めていってほしいと思います。

日本の選手はメキシコの選手と似た特徴を持ってます。私はボールを上手く扱い、攻撃が出来て、全員が出来るだけ素早くボールを奪い返す良い守備をするバランスを取れたチーム、そして全員が同じ目的のを持ち、集団のために頑張れるチームをを目指しています。そういった意味で私は代表チームにボールが最も重要であること、いかなる場所でも主役となる競争力のあるチームになることを教えてこうと思ってます。それが私の個人的な意見です。

(たぶん全員が出来るだけ素早くボールを奪い返す守備をするというところを守備を重視するという風に訳したんだと思います。攻撃が出来てという事も訳し忘れてます。)

□これからの4年間のテーマをキーワードで教えて貰えますか

■日本語に訳して同じ意味になるかわかりませんがコミットしたいと思ってます。

A.日本語の訳がスペイン語と同じ意味なのか分かりませんが、キーワードはcompromiso(義務、決意)です。
(compromiso という単語をコミットしたいと訳してますが、この言葉には義務や決意といった意味もあるのでそちらのほうがここでは正しいです。)

□選手選考で選手のどの部分を見るか?また具体的な選考過程はどのようなものか?

A選考の過程はとにかく見ることです。現在の彼らのプレーを見る。日本国内、国外どの選手にも扉は開かれてますし、全員に同じ権利と義務があります。プレーを視察することが選考の過程だと思いますし、私たちテクニカルチームには選手のピッチ内外の行動を分析するための視察に十分な人数がいます。視察ではゲームでのシステムの有効性や我々が必要としているものを持っているかなどを見ます。とにかく多くの選手を呼んで少しずつグループを形成していきたいと思います。ただ最初のリストが長期間にわたるものではなく1月のアジアカップをプレーする選手を選ぶ過程の一環であるということは言っておきます。

□先ほど守備に重点をおくといったが理想のディフェンダー像には強さや速さといったものの中から何を重視するか?


A私は攻撃でも守備でもサッカー選手そのものを重視してます。サッカーで重要なのはバランスです。守備も攻撃もする選手、それが我々の選手です。守備をするということはルールの範囲内でボールを奪うことだと思います。そして重要になるのがサッカーをプレーするということの意味を知るということです。フォワード、ミッドフィルダー、ディフェンダーといった括りは重要ではないです。ボールを的確に扱うことが出来ないといけないですし、サッカーという競技、サッカーをプレーするという意味を知らなければならないと思ってます。なぜなら現在のサッカーでは4〜5人の選手がで守るではなく11人全員が守備に参加するからです。また攻撃でもキーパーを含めた全員が参加する必要があります。サッカーとは常に攻撃と守備をしなければならないスポーツです。なので攻撃も守備もできる選手が理想です。

□監督は選手に対して厳しいというがそれは日本代表でも変わらないか。
前の代表はザックジャパンと呼ばれていたが今度の代表はジャパンの前に言葉を付けるとしたら何がいいか?

Aはい。変わらないです。わたしは規律が好きですし、真剣な仕事というものが好きです。なので変わってはいけないと思います。名前に関してはすでにサムライブルーという名前があると思いますが、それを気に入ってます。まあいずれどうなるか見てみましょう。


□守って攻めることのできるチームをつくるためにどのフォーメーションを採用するか。

■システムに関しては試合の展開によると思います。ですからバックスに3人いたり、4人いたり、5人の時があると思います。試合の状況に応じて4−3−3が5−2−3に変化することもあると思いますしまた他の形に変化することもあると思います。また例えばトップを2人にしないで3人するという事もあると思います。ですから、その、試合の状況に応じてフレキシブルにシステムを使っていこうと思ってます。ただ基本のベースの4−3−3という風に考えてます。ただこれも本当試合の展開によってはこの3が他に変わったり、フォワードを増やしてみたり、3−4−3になったりします。とにかく、その時の選手の状況、それから試合の展開によって変えていきたいと思ってます。

Aフォーメーションについては試合の状況によって変わってくると思います。ディフェンダーが3人、4人、5人でも守ることが出来ると思います。なので選手たちは試合の状況に適応するということを学ばなければなりません。4−3−3でプレーしても5−2−3に変わることもあります。とにかく試合の状況によります。もし攻撃的にいきたければサイドの高い位置に2人置いて3バックになりますし、守りを固めたいときは2人後ろに下げて5バックになります。普段の最初のフォーメーションは4−3−3になると考えてますが、そこからボールを取るために5バックでプレーすることもできますし、サイドの高い位置に2人置いて3人で守ることもできます。戦術というものは選手の個性にもよるので、硬直化したり、変わってはいけないということはないと思います。

□ヨーロッパでプレーする選手がいてコンディションの問題がある。メキシコ代表の時も同じ問題があったと思うが対処法はあるか?

確かに長時間の移動により選手たちは疲労しますが数年前にFIFAがこの問題に関して1週間に2試合までにするといった規則を作ったと思います。これによって選手が回復する時間を確保することが出来ます。現在ヨーロッパのサッカーには世界的に優秀なリーグが有りますし、給料の面でも高給が支払われているのでブラジル、アルゼンチン、メキシコ、日本といった国々の人達には魅力的だと思います。私は今日の状況が試合に負けることや良い準備ができない事の原因とは思いません。なせなら選手たちはプロフェッショナルだからです。1年間で60試合プレーすることし、飛行機での移動中に体を休めることに慣れているからです。先ほども言ったようにこの問題はFIFAによって改善されたものだと思ってます。

□日本のワールドカップでの今までの最高成績はベスト16だが、これ以上の成績を出す可能性はあると思うかう

A可能性はあると思います。過去に何回もワールドカップに参加していますし、Jリーグも成長してますし、ロンドンオリンピック代表の試合も見ましたが質の高いチームだと思いました。日本にはヨーロッパでプレーする選手がいてや若い世代や優秀なリーグがあるので、ロシアに行くための23人を選ぶには十分な人材が揃っていると思います。なので、私たちはロシアに向けてすぐに始動しなければなりません。

□過去に日本に来たと思うがどのような印象を持ったか?
これから日本に住むにあたってなにか挑戦したい日本の文化はあるか?

1996年に初めて日本に来てメキシコのチームを率いて2試合の親善試合をしたと思います。相手は横浜ヴェルディと鹿島アントラーズだと思います。02年の日韓ワールドカップでは40日近く滞在しました。これから妻と息子と東京にすむつもりです。まずはJリーグの試合を頻繁に見に行きたいと思います。日本の文化についてはスペインやメキシコから離れているのによく知られています。私はこれから自分たちが住む国がどんな国か習慣はどんなものか知るために日本やその文化ついて多くものを読んできました。もちろん私の仕事はサッカーですがいろいろな文化的な事を試したいと思っていますし、家族と日本に長く住むつもりですし、楽しみしています。

□監督のサッカー哲学は何か?
プライベートでやってみたいことは?

私のサッカー哲学はシンプルなものです。よく走って、いいプレーをして勝とうとしようとすることです。選手たちには国を背負っている誇りを持ってほしいと思ってます。選手、監督として3回のワールドカップに出場しましたが国を代表してプレーするという何物にも代えがたいものです。プライベートに関しては私たち家族は旅行が好きですし、新しい場所にいくことも好きです。
ですからいろいろな場所に行って人々と交流して日本について学んでいきたいと思います。
日本については西洋ではよく知られていますが詳しい情報が少ないので。まあとにかく日常生活が始まってほしいと思います。

□日本はサッカーの歴史が短く、文化的にも今まで監督が指導してきた国とかなり異なる国だが、今回の仕事はあなたのキャリアの中で最も難しい仕事になるのではないか?

エスパニョールを去る際にスペインやメキシコでのキャリアはもう終わりだと言っていたがそれらの国に戻ることはないのか?

Aはい、ご指摘のとおり、今回の挑戦は魅力的ですが今までもっとも難しいものになるでしょう。スペイン内外のヨーロッパのクラブからオファーがありましたし、他国の代表監督のオファーもありましたが、4年前、原さんと霜田さんに会って、また今回再度、私にオファーを下さったこと。また私のこの4年間のスペインでの仕事に注目していただいたことが決め手となって今回のオファーを受けることにしました。
スペインやメキシコに戻るかどうかについては明日のことは誰にもわかりません。
スペインで指導をし始めた時には1〜2年だと思っていましたが結局12年いました。
ただ言えるのは私はすでに日本代表をロシアに連れていくということに集中しているということです。


□若手の育成を重視しているそうですが、今度、U-19代表が参加する来年のU-20ワールドカップの予選であるアジア選手権が、日本代表の試合と重なってしまう。もし監督が招集したいアンダー世代の選手がいて代表とアンダー世代の活動が重なっているときどちらを優先させるのか?

A私の考えは公式戦を優先するということです。基本的には上の世代の代表と下の世代の代表では上の世代の活動を優先しますが、上の世代が親善試合で、下の世代が公式戦であるなら公式戦を優先します。なぜなら公式戦は各世代の世界大会やオリンピックに参加できるかがかかってくるからです。
posted by プロコーチ at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

代表チームのクラブ化

 代表チームの、クラブチーム化。

今回のワールドカップの、大きな一つではないでしょうか。

まるで、長い時間共に過ごしているクラブのように、試合を進めていく。

才能のある選手が、結束して試合に臨むだけでは勝てなくなってきた。

試合の展開によって、戦い方を変化させる。

仮にポゼッション型のチームであっても、自陣に引きこもってカウンターを狙う。

カウンター型のスタイルであっても、ポゼッションしながら、時間を使っていく。

一人一人の即興的な思いつきではなく、チームとして取り組んでいる。

まさに、代表チームが、一つのクラブのように機能しているチームが勝利を手にしていく。








システムは一つではない。どんな監督でも自分のアイデアはあるが、監督とチームがいろんなシステムを上手にやっていかないと。相手や試合の流れで変えなければいけない。イタリアではどんなシステムも使った。
…ザッケローニ監督2010年就任会見より

試合状況に応じてシステムを変化させるサッカーです。状況に応じてシステムを変えられるカメレオンの様なチームを見てみたいんですよ
…ザッケローニ監督2011年キリンカップ時のコメントより







 私は、ザッケローニ監督に、この部分を期待していました。

戦術的に高度に洗練されている、イタリア・セリエA

同じ戦い方だけでは、すぐに研究され、チームが機能しなくなる。

格下のチームであっても、それは変わりません。

戦術で、相手の良さを奪い、相手の弱みに付け込んでいく。

監督が指揮を振るい、選手はそれに応える。

そんな国で何十年もキャリアを積んでいる、それがザッケローニ監督です。

日本代表に、このような部分を植え付けてくれると信じていました。










 ところが、大会終了後、妙な流行言葉が出来てしまいました。

「自分たちのサッカーが出来なかった」

言葉が一人で歩いてしまった感はありますが、、。

試合中、相手がどのように攻め、どのように守ってくるのか。

今の時間帯では?

そもそも、対戦相手は、自分たちよりもレベルが高い。

その中で何が出来るのか?

相手の良さを奪いながら、自分たちの良さを出すタイミングを伺う。

耐えながらも、常に牙を研いでおく。

自分たちの良さ、コンビネーションや、一瞬のスピードを出すタイミングを逃さない。










 ザッケローニ監督は、短期決戦が苦手なのでしょうか。

まるで、経験の浅い監督のような振る舞いにすら感じました。

時間帯によって戦い方を変えるどころか、効果的に交代カードを切ることもままならない。

歴戦の強者として、ワールドカップの舞台で堂々と振舞う。

その部分で、大きな期待をしていただけに、少し残念です。









 蛇足ですが、

ブラジルで、何度もブラジル人に質問されました。

「日本代表はどうしたんだ?」

「コンフェデのイタリア戦は、あんなに良かったのに?」

…私は、日本人はナイーブになりやすい。メンタルの部分が弱い。

そう答えました。

すると、彼らは口を揃えて言いました。

「それは知っている」「俺も分かっている」

ブラジル人は、日本代表を応援してくれていました。

とても残念そうに、このやり取りが繰り返されました。

どうすれば、良いのでしょうか?
posted by プロコーチ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする