2017年03月03日

さらなる進化を

三浦知良選手。

不断の努力を重ね、50歳の今になっても、プロ選手としてピッチに立ちます。







 元々は、ウイングの選手としてブラジルで活躍していました。

タッチライン際でボールを受け、サイドバックと対峙する。

1対1という局面を制して、クロスを上げる。

そこで、得意のまたぎフェイント「ペダラーダ」を磨き上げました。

サイドをえぐって、そのままゴールへ。

中央にスプリントして、逆サイドのボールに合わせる。

ゴールはもちろん目指していましたが、主戦場はタッチライン際でした。








 日本に帰って、数年は、ドリブラー、チャンスメーカーとして輝いていたのでは。

徐々に、得点感覚を研ぎ澄まし、大事な時にゴールを奪うストライカーに変身していきました。

大舞台では、チームが窮地の時には、カズのゴールが救ってくれる。

90年台は、誰もが思っていたのではないでしょうか。

文章にするのはたやすいのですが、プレースタイルを変更するのは難しいことです。

それは、自分が認められた歴史そのものを変えることを意味します。

勇気と努力と、勉強する心。








 そのカズ選手にも、欠点があります。

それは、ランニングスピード。

ランニングフォームそのものに欠点があるのです。

走るときに力を入れすぎている。

脚が後ろに流れて、地面をかくように走っている。

自分の発揮した力が、前に進む力に、上手く変換できていない走り方。

足が速くないことは、本人も自覚しています。

ただし、あまり、足が速くない印象は持たれていないはずです。









 オフト監督時代のインタビューでは、このように答えていました。

「代表チームのメンバーを、監督がランニングスピードでグループ分けした時、

 オフト監督は、俺を足が一番速いグループに入れた。」

本当は速くないのに、速く見せれた!と得意げに話していました。

ドリブルでのスピードや、一瞬のキレに惑わされたのでしょうか。

オフト監督は、カズ選手を足が速いグループに入れてしまった。

実際にタイムを取ると、遅いグループだったはずです。







 


 さらにそこから、カズ選手は進化を続けています。

今年のシーズン前のキャンプ。

いつも、テレビで紹介されているので、楽しみに見ていました。

すると、ある変化に気づきました。

それは、ダッシュをする時のフォーム。

体の軸は安定し、左右のブレが少ない。

そして、スムーズに体重移動を繰り返している。

後ろの足の膝が、スムーズに前の膝を追い越している。

足は後ろに流れずに、前に前に、進んでいるのです。

ランニングフォームを矯正しています。

ただ、試合になると、まだ、今までの癖が抜けきらないようにも見えました。






 



 50歳になっても、さらなる進化を目指している。

全てのフットボールプレーヤーが、見習うべき姿ではないでしょうか。

一緒に時間を過ごしているチームメイトは、幸せですね。

最高のお手本が、常にそばにいるのですから。

クラブが彼と契約を続けている理由の一つは、ここにあるでしょう。
posted by プロコーチ at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

今年も、現役で迎えた日。

 2月26日。

この日付は、特別な意味を持ちます。

226事件もそうなのですが、それよりも。

我々フットボールの世界で生きるものにとっては、少し違う意味を持ちます。

三浦知良選手の誕生日です。

横浜FCとのいい関係が、彼のキャリアを支えています。

スタジアムにサポーターを呼び、報道陣を集める力。

その期待に応える、プレーにゴール。

93年にJリーグが開幕して、24年たっても、彼を超える選手は出てきていません。










 今年でなんと、50歳。

世の中で50歳と言えば、どんな歳でしょうか。

織田信長に言わせれば、死を迎える年齢。

「人生50年、、、」。

会社や、お役所ならば、管理職でしょうか。

座り仕事や付き合いが多く、ぽっちゃりとしたお腹周りに。

運動は、週に一度のゴルフ?

90分間走り回って、ダッシュして、ジャンプして。

想像しづらいお年頃です。








 カズ選手は、誕生日である開幕戦に先発出場。

当然ですが、一選手として、戦っていましたね。

自分の子供のような選手とともに、勝利を目指す。

もちろん、相手チームも遠慮はしてくれない。

攻撃も守備も、積極的にプレー。

トレーニングのランニング中は、常に先頭で走るカズ選手。

試合でも、背中で語っているかのようです。









 プロの世界でやっていくためには、心身ともに磨き続けなければならない。

若い間は、持って生まれたもの。

今までの貯金だけでプレーできる人間もいるでしょう。

神によって与えられた才能が飛びぬけた選手は、実際にいます。

その大きな貯金があるから、プロの世界に入り、活躍できる。

ただ、何年続けることができるのか?

持って生まれた貯金は、いつの日か、0になってしまう。

貯金し続けること。

それは、人よりも努力し続けること。








 前にも紹介したエピソードになりますが、ある日の講習会でのことです。

私の尊敬するコーチがインストラクターを務める、講習会がありました。

努力について、将来の日本代表を目指す、15歳くらいの選手に語りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本代表の全体トレーニングが終わった後、黙々とボールを蹴る選手が二人。

カズとゴン。

俺は、彼らに聞いたんだよね。

「なんで、トレーニングが終わっても、蹴ってるの?」

「ジョウもゾノも、もう帰ってるよ。」

それに対して、ゴンは、

「俺は、下手だから、練習しないと。」

カズは、その間も、黙々と蹴り続けていた。

そのコーチは続けました。

ジョウや、前園は、もう引退してるよ。

でも、カズやゴンは、まだ現役で戦っている。

その違いに気づいて欲しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







 この講習会は10年ちょっと前の話です。

10年たっても、色あせないエピソードです。

この話を聞いていた選手は、今や25歳を過ぎています。

もしかすると、プロのピッチに立っているかもしれません。

考えれば考えるほど、すごい景色を我々は目にしていますね。
posted by プロコーチ at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

両手で置く。

 ディ・マリアの素晴らしいフリーキック。

壁の上を、高速のカーブで抜き、ゴール。

GKはノーチャンスでしたね。

素晴らしいキックを見せた、ディ・マリアを褒めるしかないといったところでしょうか。






 先週行われたUEFAチャンピオンズリーグ、パリサンジェルマン対バルサ。

ここで、バルサを粉砕したパリサンジェルマン。

そのきっかけとなった、先制点が、このフリーキックです。

やや右サイド、ゴールまでの距離は20M。

左足のディ・マリアが最も狙いやすい位置ですね。









 この位置。

普段から、トレーニングしているポイントです。

彼が、フリーキックのトレーニングをしている映像を目にしました。

まさに、今回決めた位置にボールをセット。

ほんの少しずつ、ボールの位置をずらしながら、何本も蹴っています。

全て、壁の上を巻いて、落とす。

しかも、高速のスピードで。

何度蹴っても、ボールは同じような右上隅に向かっていきます。

それを見守っていたチームメイトも、感嘆の声をあげています。








 そのトレーニングを見て、あることに気づきました。

常に、同じ行動を、同じリズムで繰り返しているのです。

それは、キックの動作だけではありません。

ボールをセットするところから始まっています。

クラブスタッフが、ディ・マリアにボールを優しく転がして、渡します。

そのまま、足で止めて、セットできるくらいの優しいボールです。

それなのに、彼は、必ず、両手でボールを置きなおします。

ほぼ真横に助走をとり、ゴール方向を見て、構える。

そのままボールに近づき、キック。

シュートは、同じ位置に吸い込まれます。





 


 ラグビーの五郎丸選手のキックの前の動作。

野球のイチロー選手の、打席に立つまでの歩数、ストレッチ、バットの立て方。

クリスチャーノロナウドの、5歩下がって、両足を開いて構える。

これらは、全て、ルーティーンと呼ばれるものですよね。

同じ動作を繰り返して行うことで、技術のブレを減らす。

それは試合の時だけでなく、トレーニングの時から始まっている。

ゲン担ぎではありません。

毎回、同じ動作を、同じタイミングでしておく。

プレッシャーのかかる、大事な場面でも、それは変わらない。

平常心で、普段の技術を、存分に発揮できる。










 PK,FKのトレーニング。

必ず、試合で力を発揮できるようにしなくてはならない。

そうは言っても、個人の自主トレで、試合の状況を作ることは出来ません。

対戦相手を揃え、観客が入り、スポットライトを浴びる。

そのような大がかりなトレーニングは、プロ選手でも難しい。

だからこそ、「試合は最良の師である」とクラマーさんが仰るのです。










 我々ができることは、少しでも、試合の状況を想定しながらトレーニングすること。

まずは、必ず両手でボールを置いて、同じ助走(歩数、角度)で下がる。

そうすることで、質の高いトレーニングになる。

質の高いトレーニングを繰り返し、試合で技術を発揮できる選手。

ディ・マリアが、よい見本を示してくれました。
posted by プロコーチ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

選手の意識

 人の心は、言葉や雰囲気に、大きく左右される。

例えば、ゾーンで守備をしよう。

もしくは、スペースのケアを!

と言えば、ボールホルダーに厳しく寄せることがおざなりに。




 一方、マンツーマンで守備をしよう。

さらには、マークの責任を!

と言えば、オフのマークをしている選手が、目の前の自分のマークしか見なくなる。



 コーチは、自分の言葉で、選手がどのような反応を示すのか?!

そして、どんな現象が起こるのか?

言葉を振り回すだけでは、選手やグループは改善できないですね。

1手先、2手先を読みながら、指導にあたらなくては。
posted by プロコーチ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

マスチェラーノのスプリント

 バルサの試合を観ていて、驚いたこと。

それは、マスチェラーノの、あるタイミングでのスプリントです。





 一人一人が、パスを受けるために動く。

マークを外し、サポートし、スペースを管理する。

それは、当然。






 相手CBが低い位置でボールを保持し、FWに向けてロングフィード。

その瞬間は、もちろん、守備をするために、前後左右の距離を圧縮している。

ボールを奪うために、コンパクトな陣形を保っていました。





 FWがこぼしたボールを回収したマスチェラーノ。

体勢が悪かったので、GKにバックパス。

するやいなや、ペナルティエリアの角付近に向けて、スプリント。

30M以上はあったはずです。

猛然と、本気のダッシュ。






 ビルドアップをするために、サポート。

それは、当たり前。

GKには、全くプレッシャーはかかっていません。

落ち着いてボールをコントロール。

その時には、マスチェラーノは、ペナルティエリアの角に到着している。

前を向いて、良い体の向きで、ボールを受ける準備が完了しているのです。









 もちろん、その後は、プレーを成功させました。

GKからのパスを足元で受け、前方にパス。

いつものように、ビルドアップを終えました。








 なかなか、トップレベルの他のクラブでも、この動きは目に出来ません。

当たり前のように、ここでスプリントできるのが、バルサの強さですね。

そして、マスチェラーノが重用されている理由の一つでしょう。
posted by プロコーチ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッキとカペッロ

 1980年代の後半から、フットボールの歴史が変わりました。

ACミランを率いたアリゴサッキ監督。

彼が、ボールを奪うための守備、そして守備と攻撃とを連続的に行う。

オフサイドトラップを活用しながら、コンパクトフィールドを形成。

「火星からやって来たチーム」とナポリに所属していたマラドーナに言わしめた。

それくらい、次元の違う集団を作り上げました。

フランコバレージをはじめとするイタリア代表。

フリット、ファンバステン、ライカールトのオランダトライアングル。

ピッチ内で躍動し続ける姿は、いまだに私の心から離れません。 









 ところが、ミランを指揮した4シーズンでの、リーグ制覇はたったの1回。

火星からやって来て、イタリアどころか世界中に衝撃を与えた集団です。

それなのに、セリエAでは優勝できない。

UEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)を2連覇したのは、さすがですが、、。

国内では、取りこぼしが目立ちました。

優勝した後は、3位、2位、2位。

世界を制する力はあっても、国内では勝ちきれない。

べた守りで、カウンターしか攻め手の無いチームに取りこぼすのです。








 その後を引き継いだのが、ファビオカペッロ監督。

選手の並びはあまり変わらないのですが、極端なプレスDFをやめました。

全体のバランスを重視したのです。

スペクタルな部分は、減少しました。

その代わり、年間を通じて、強さを発揮したのです。

チームを率いた5年間で4度のリーグ制覇。

しかも、91〜92年シーズンは、無敗優勝。

当時のセリエAは、世界最高峰と呼べれていた時代です。

驚くべき安定感でした。

前任者の良いところ、悪いところを研究。

岡目八目とはよく言ったものですね。

カペッロ監督は、素晴らしい結果をミランにもたらしました。

それでも、チームやリーグに革命を起こすことはありませんでした。










 フットボールの世界では、このような例は、いくつも挙げることができます。

身近な例では、サンフレッチェ広島。

ペトロビッチ前監督が、革新的なシステムを持ち込み、選手を育てた。

ところが、結果は、そこまでついてこなかった。

ナビスコ杯の準優勝が、最高位。

リーグ戦でも、4位が最高で、終わってみれば中位。

タイトルをクラブにもたらすことはできませんでした。

その後をついだ、森保監督。

可変システムは継承したものの、現実との折り合いを上手くつけました。

攻撃だけでなく、負けにくくするための工夫を取り入れました。

守備、遠くに蹴とばす、何よりも戦う姿勢。

5シーズンで3度の優勝。

まるで、サッキ、カペッロの関係を見ているようでした。









 前任者が、先鋭的に、探求していく。

革新を起こし、オリジナルのスタイルを作り上げる。

それを、後任の監督が、捨て去ることなく、大切にする。

ただし、あまりとんがり過ぎないよう、バランスを取る。

革新者は、ついつい、自分が起こしたイノベーションに束縛されている。

対戦相手も、その革新に慣れてしまい、対策を立ててくる。

それなのに、革新者は、固執してしまっている。

だから、周りを驚かすことはできても、結果を出すこと、結果を継続させることが難しいのではないか。

後任は、変なプライドは無いですからね。

バランスを取りながら、そのイノベーションを活かす方策を立てれるのでしょう。








 ところが、後任の監督が、常に成功するわけではありませんよね。

もちろん、失敗例もあります。

イビチャオシム監督がジェフにもたらした、素晴らしいスタイル。

選手が次から次へと湧き出てくる!と形容されたジェフの試合。

少ないタッチで、ゴールに迫る。

選手の一人一人が、責任を守りながら、思い切ってチャレンジしていく。

特に、カウンターアタックの鋭さは、抜群でした。

ところが2006年、突然、日本代表監督として引き抜かれたしまう。

後任のアマルオシム監督は、発展させることも、継続させることが出来なかった。

一番そばで見ていたはずの、息子であるアマルオシム監督。

後を継ぐには、最良の選択だったはずです。

ところが、優勝を狙うどころか、降格が見えるほど。

それほど能力の低い監督だったのでしょうか?

彼はその後、ボスニアヘルツェゴビナでは、名監督として結果を出しています。

古豪を復活させ、3度もリーグを制しています。

それほどの手腕を持ってしても、イビチャオシム監督の後を引き継ぐことは難しかったようです。









 さて、今シーズンの川崎フロンターレはどうなるのでしょか?

風間監督の下で、魅力的な攻撃スタイルを作り上げました。

ところが、あまりに先鋭的過ぎたのか、タイトルには手が届かない。

後を継いだ、鬼木監督。

スタイルを継続させることを明言しています。

サッキ・カペッロ、ペトロビッチ・森保の関係になるか?

それとも、イビチャオシム・アマルオシムの関係になってしまうのか?

今シーズンの要注目ポイントの一つです。
posted by プロコーチ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

やはりつながっている

 守備の課題に取り組むグループ。

トレーニングの半分以上が、守備に関する内容。

当然、私のコーチングポイントも守備に関することが大半です。







 少しずつ、課題を改善しつつあります。

すると、チームの攻撃も改善される。

アタッキングサードに侵入する回数が増え、シュートの本数が増えています。







 やはり我々のフットボールは、攻撃と守備はつながっている。

ということは、守備をよりよくするためには、攻撃のトレーニングにも意識を持たねば。
posted by プロコーチ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

自転車のサイズ、ボールのサイズ

 近頃、ストライダーが人気です。

早いと2歳くらいから、乗り始めていますね。

ペダルの無い、幼児用の自転車と言えばいいのでしょうか。

3輪車よりも簡単に乗りこなせるようで、小さい子供がピュンピュン走らせています。

これに乗っていると、自転車に乗れるようになるのが早い気がします。

バランスの取り方が似ているからだと推察されます。








 このストライダー。

サイズは、12インチ。

2・3歳の子が、両足を付けて使えるサイズですからね。

幼稚園生の5・6歳だと、小さく感じるかも。

見ていると、サドルを上げて対応しているみたいですね。

ちなみに大人の自転車は、27インチくらい。

体の大きさに合わせて自転車を購入するのは、珍しいことではありませんよね。

メーカーのサイズ、年齢対照表がありましたので、紹介しておきます。

12インチ… 80〜105p  2〜3歳
14インチ… 91〜108p  3〜5歳
16インチ… 98〜119p  3〜6歳
18インチ… 103〜125p  4〜8歳 
20インチ… 111〜135p  5〜9歳
22インチ… 111〜146p  6〜11歳
24インチ… 122〜154p  7歳以上








 フットボールの世界も、年齢によってボールのサイズを変えています。

未就学児は3号球。

小学生は4号球。

中学生以上は5号球。

シニアや、レディース大会(女子の30歳以上)だと、5号の軽量球でしょうか。

体の成長に合わせて、ボールのサイズを少しずつ大きくする。

まるで、成長に合わせて、自転車のサイズを上げていくように。

小さい体に、大きいボールは扱いずらい。

それどころか、筋力の育っていない体に、大きく重いボールはケガの原因にもなりかねない。

これは、常識となっているはずです。










 ところが、まだ遅れている分野があります。

フットサル。

ようやく2013年に小学生用として、3号球が導入されました。

その年のバーモントカップ(全日本少年フットサル大会)を機に広まっていったと記憶しています。

以前は、小学生用として、4号の軽量球が使用されているのを目にしました。

大人のサッカーが5号、フットサルが4号。

それなのに、小学生のサッカーが4号、フットサルも4号というのは、おかしな話でした。

重たく、大きすぎるボールでしかフットサルが出来なかったのが、以前の小学生でした。










 私も2011年ころから、小学生のフットサルを指導させてもらっています。

当時からこだわりとして3号球を用いていました。

それは、フットサル先進国であるブラジルから学んだからです。

彼らは、フットサルも、体のサイズに合わせて、ボールのサイズを当たり前のように変える。

ブラジルでは、1号、2号のフットサルボールを見せてもらいました。

これが、日本では手に入れるのが大変。

スポーツショップをめぐり、かき集めました。

日本ではその概念そのものがなかったようです。

私が買ったペナ*ティのフットサル3号球は、サッカー協会の検定球ではありませんでしたから。

3号球でトレーニングをすると、子供たちは、見違えます。

まるで、重りから解放されたように、伸び伸びとボールを扱います。

そうすると、判断、認知、駆け引きの部分に、意識を持っていくことができる。









 小学生のフットサル大会に出場しても、4号球でプレーさせられていました。

しょうがないですよね。

2013年までは。

ですから、大会本部と話をして、手持ちの3号球を試合用に貸し出したことも多々ありました。

ところが、2017年になった、今でも、3号球が普及しきっていない。

モルテンからも、アディダスからも、ペナルティからも、検定の3号球が売られているのに!!

もし、大人の大会で、フットサル5号球や、サッカーの6号球を出されたら、どう感じますかね?

(もちろん、そんなサイズは売っていないでしょうが)








 自分の子供に、大人サイズの自転車を与えることは、あるでしょうか。

足が届かず、重たい自転車を乗らせる?

「すぐ大きくなるから、我慢しなさい。」

とでも言うのでしょうか?

そのような親御さんは、ついぞ目にしません。

それならば、ボールも、成長に合わせたボールを使うべきです。

技術を磨かせたい。

繰り返し判断させたい。

狭い空間でも、堂々とプレーさせたい。

そのような意図で小学生年代にフットサルを取り入れているのでしょう。

それならば、ボールは体に合ったサイズで。





追記

私は、この文章が古臭いものになることを心から願っています。

「そんなの当たり前でしょ。」

そのような日が来ることを、信じています。
posted by プロコーチ at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

 走るとき、90度に折り曲げた腕を振る。

前向きに走るときに振れる選手も、バックステップになると、腕が下がる。

体のバランスを整え、足を動かしやすくしてくれる、腕降り。





 ボールを蹴るときに、腕を使って体の動作を助ける。

助けるどころか、全身の動作をリードしてくれる。

キックの苦手な選手は、腕を使えていないことが多い。

苦手な足の場合もそう。





 足のことばかり考えていては、向上しないかも。

腕の動作を確認してみる。
posted by プロコーチ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

子は親の鑑

 デモンストレーション。

よい見本を見せることで、選手には大きなインパクトが残ります。

100の言葉よりも、1つの見本。

コーチとして選手に言うことを聞かせたいなら、一発でコーナーキックを直接決めろ。

そんな格言があるくらいです。









 それは、大人、親も同じこと。

大人の振る舞いが、子供の振る舞いになる。

参観日、発表会。

父兄も参加できる、学校の行事があります。

ずーーっと、大人がひそひそと話し続けている。

目の前で先生が授業をしていても、子供が発表していても。

本人たちは、周りに聞こえていないつもりなのでしょうか。









 このように話している大人たちは、自分の子供にどのように育ってほしいのでしょうか?

授業中には、まっすぐ前を向いて、集中して聞いてほしい。

人の話を聞いて、理解してほしい。

集団行動を身につけて、社会の一員として、一人の人間として歩いて行ってほしい。

だったら、まず、自分がそれを示さなければならないのでは?

参”観”日であって、参”話”日ではない。









 私が付き合いのある、ブラジル人のコーチも、スペイン人コーチも、同じことを言ってくれます。

「日本人は規律正しい。」

「日本人は我々をリスペクトしてくれる。」

規律正しく、集団で動くことが、日本人のストロングの部分と言われています。

その部分を強く打ち出して、日本のフットボールを強化しようともしている。

もしかすると、この考え自体、古いかもしれない。

参観日で話し続ける大人。

その大人が育てている、今の子供たち。

おそらく、TPOをわきまえず行動する大人に育っていくでしょう。

普段の生活がそれなのに、突然ピッチの上でだけ、行動を変えることは難しい、、、。
posted by プロコーチ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする